ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 文化政策学部 教員紹介 > 横田 秀樹

教員紹介


横田 秀樹 教授写真

横田 秀樹

YOKOTA Hideki
 

英語・中国語教育センター長 教授

文化政策学部 国際文化学科

E-mailアドレス h-yoko(@)suac.ac.jp

キーワード:心理言語学、統語論、第二言語習得、外国語教授法
出身地 三重県鈴鹿市
学歴 University of Essex, Ph.D. in Language & Linguistics
学位 博士(Ph.D. in Linguistics)
経歴
  • 三重県公立高等学校 教諭 
  • 岐阜医療科学大学 講師
  • 金沢学院大学 准教授
  • 静岡文化芸術大学教授(2013年から)
担当授業分野 英語学概論、日英語比較研究、英語科教育法など
研究分野 第二言語習得、英語教育、心理言語学、文法習得、生成文法
研究テーマ 理論言語学をベースに、第二言語がどのように習得されるのか、そのメカニズムを調べています。同時に、第二言語はどのように学習すると効率がいいのか、そしてどう教えると効果的なのかも研究しています。
研究業績

著書

  • 『英語教育の素朴な疑問-教えるときの「思い込み」から考える』(共著、くろしお出版、2014年)
  • 『言語習得研究の応用可能性 ―理論から指導・脳科学へ (第二言語習得研究モノグラフシリーズ)』(共著、くろしお出版、2019年)

論文

  • The learning and teaching inanimate subjects: The case of Japanese learners of English、ARELE 30、共著、pp.1-16、2019(査読有)
  • The investigation of the feature inheritance hypothesis in second language acquisition (Chapter Four) Language Acquisition and Development – Proceedings of GALA 2017, Cambridge Scholars Publishing、共著、pp.65-81、2018(査読有)
  • The effect of explicit instruction and error correction on learners' grammatical accuracy: in the case of Japanese learners of English as a second language. Cauce Número 40, Revista Internacional de Filología, Comunicación y sus Didácticas、共著、pp.59-65、2017(査読有)
  • 「中学生による英語の疑問文と否定文の習得」『中部地区英語教育学会紀要』第45号、単著、pp.87-94, 2017年(査読有)
  • The acquisition of English aspects in achievement verbs by Japanese learners of English. 共著『静岡大学教育学部実践センター紀要』Vol.26. pp.201-210, 2017年
  • The interaction of animacy with the wh-extraction by Japanese learners of English. 共著 Proceedings of PacSLRF2016, pp.181-186、2017(査読有)
  • 「明示的文法説明の有効性と限界 -物質名詞の単数形・複数形の習得を例にとって-」『中部地区英語教育学会紀要』第42号、共著 pp.1-8, 2013年(査読有)
  • 「文法形態素習得における所有格-'sの難易度」『金沢学院大学紀要』第11号、単著 pp.145-152, 2013年
  • Acquisition of Goals for Wh-Movement by Japanese L2 Learners of English 共著, Second Language, Vol.11, pp.59-94, 2012(査読有)
  • On the Acquisition of Universal and Parameterised Goal Accessibility Constraints by Japanese Learners of English 共著 Essex Research Reports in Linguistics Vol. 60 No. 5, 2011
  • 「文訂正タスクによる文法形態素習得順序の検証」共著『中部地区英語教育学会紀要』第40号、pp.135-142, 2011年(査読有)
  • Acquisition of Wh-questions by Japanese Learners of English: A Minimalist-Cartographic Approach to the Acquisition of Probes, Goals and Spellout in Interrogative Wh-Chains. Ph.D. dissertation, University of Essex. xi + 440 pp. 2011
  • 「第二言語習得研究から見た高校英語教育」『Lobster』53号 三重県高校英語研究会, 単著pp.37-45, 2008年
  • 「UG-based SLAと英語教育研究」『中部地区英語教育学会紀要』第37号, 単著pp.33-40, 2008年(査読有)
  • Mapping and spellout problems in Japanese learners’ English wh-questions. JACET Chubu Journal, Research Note Vol.5, 単著pp. 39-55, 2007(査読有)
  • Economy Operation and L1 Transfer. 『岐阜医療科学大学紀要 』第1号 pp.53-67, 2007年
  • 「日本人英語学習者によるbe動詞の習得 ―解釈可能素性と解釈不可能素性―」『LET中部支部紀要』第19号, 単著pp.21-30, 2007年(査読有)
  • UG-constrained wh-movement in Japanese learners’ English questions. 共著, Second Language Vol.5, pp. 61-94, 2006(査読有)
  • 「第一言語習得と第二言語習得の誤り比較分析 -whose構文を中心に-」『中部地区英語教育学会紀要』 第35号 単著pp.115-122, 2006年(査読有)
  • 「再帰代名詞の習得と明示的・暗示的指導法」共著、『東北英語教育学会紀要』第24号 共著 pp.53-67, 2004年(査読有)
  • 「統語の正確さにおける暗示的知識の役割」『中部地区英語教育学会紀要』第33号、共著 pp.41-48, 2004年(査読有)
  • 「日本人英語学習者による英語補文構造の獲得」『中部地区英語教育学会紀要』第31号、単著pp.157-164, 2002年(査読有)
  • 「英語文法性判断テスト -メタ言語知識に頼らない文法能力の測定-」『STEP BULLETIN』13号, 単著 pp.43-53, 2001年

雑誌記事・書評・報告書

  • 海外新刊書紹介:Culture Myths: Applying Second Language Research to Classroom Teaching『英語教育』5月号 p.96, 2019年
  • 雑誌記事:「第二言語習得研究の観点から見た文法指導で押さえるべき「受容」と「発信」」『英語教育』大修館2019年2月号pp.22-23
  • 海外新刊書紹介Metalinguistic Awareness and Second Language Acquisition『英語教育』11月号 p.95, 2018年
  • 雑誌記事:「SLA研究から見た語順習得の留意点」『英語教育』大修館2018年5月号pp.30-31
  • 海外新刊書紹介:Language in Children『英語教育』5月号 p.98, 2018年
  • 海外新刊書紹介:An Introduction to Foreign Language Learning and Teaching Third Edition『英語教育』11月号 p.95, 2017年
  • 海外新刊書紹介:Teaching English Grammar to Speakers of Other Languages『英語教育』5月号 p.96, 2017年
  • 海外新刊書紹介:Second Language Acquisition 『英語教育』11月号 p.95, 2016年
  • 海外新刊書紹介:The Grammar Dimension in Instructed Second Language Learning『英語教育』5月号 p.96, 2016年
  • 海外新刊書紹介:Lexical Processing and Second Language Acquisition『英語教育』11月号 p.95, 2015年
  • 雑誌記事:「特集I 英語教師のための おすすめ本100冊+(プラス)」『英語教育』2015年8月号 pp.22-24
  • 海外新刊書紹介:Introduction to Instructed Second Language Acquisition『英語教育』5月号 p.95, 2015年
  • 海外新刊書紹介:English Grammar Pedagogy Global Perspective『英語教育』11月号 p.96, 2014年
  • 海外新刊書紹介:Universal Grammar and the Second Language Classroom『英語教育』5月号 p.96, 2014年
  • 雑誌記事:「〈SLAの視点から考える していい「引き算」避けたい「引き算」」『英語教育』2014年2月号 pp.26-27
  • 海外新刊書紹介:Issues in Second Language Teaching『英語教育』11月号 p. 89, 2013年
  • 雑誌記事:「〈正確さ〉と〈流暢さ〉を共に育てる文法指導とは」『英語教育』2013年10月号 pp.19-21
  • 海外新刊書紹介:Intensive Exposure Experiences in Second Language Learning『英語教育』6月号 p. 88, 2013年
  • 雑誌記事:「日本の教室の現状で可能な『タスクで補助する』文法指導のすすめ」『英語教育』2011年10月号 pp.10-12
  • 報告書:「明示的文法指導の効果 -wh疑問文の習得-」『第二言語習得研究の成果とその英語教育への応用: 中部地区英語教育学会 2007年から2009年度課題別研究プロジェクト報告書』研究代表者 横田秀樹、pp. 74-83, 2011年
  • 書評:門田修平著『SLA研究入門 第二言語の処理・習得研究のすすめ』『英語教育』12月号 92-93, 2010年
  • 書評:白畑知彦, 須田孝司, 若林茂則著『英語習得の「常識」「非常識」-第二言語習得研究からの検証』『GCD英語通信』 第37号、2005年
  • 報告書:「英語教育インターネット」『デジタル論文集 中部地区英語教育学会研究プロジェクトチーム(CD-ROM) 』pp.24-32, 64, 70-75, 2002年
  • 雑誌記事:「検定教科書が使えない生徒 -補助教材を活用して-」『英語教育』12月号, pp.22-53, 2001年

学会研究発表(2013年以降)

  • The Effects of Explicit Instruction on the Acquisition of English Wh-questions by Japanese-speaking Learners of English. The 17th Asia TEFL International Conference and the 6th FLLT International Conference, June 28, 2019, Ambassador Hotel Bangkok, Thailand (oral presentation).
  • The Acquisition of Inanimate subject by Japanese Learners of English.(共同) Applied Linguistics Association of Australia, 27th November 2018, University of Wollongong (oral presentation).
  • Effect of Explicit Instruction on Unaccusative Verbs. (共同) Applied Linguistics Association of Australia, 27th November 2018, University of Wollongong (oral presentation).
  • The Acquisition of Wh-questions by Japanese Learners of English: Focusing on Subject Wh-questions. (共同) International Conference on Bilingual Learning and Teaching/ICBLT 2018, 26th October 2018, The Open University of Hong Kong (oral presentation).
  • Teaching boundedness and individuation as a distinction between count and mass nouns in English. (共同) The 51st Annual Meeting of the British Association for Applied Linguistics (BAAL2018), 8th September 2018, York St John University, UK (oral presentation).
  • 「可算・不可算の区別に関する明示的文法指導-認知言語学的アプローチによる実践-」(共同)全国英語教育学会第44回京都研究大会、2018年8月25日, 龍谷大学、京都 (口頭発表).
  • Animacy of subjects and influence on L2 acquisition: The case of Japanese learners of English. (共同) Annual Conference of the European Second Language Association /EuroSLA2017, September 2017 (oral presentation).
  • The investigation of the feature inheritance hypothesis in second language acquisition. (共同) The 13th Generative Approaches to Language Acquisition conference/GALA 13, 7th September 2017 the Universitat de les Illes Balears/UIB, Palma de Mallorca, Spain (oral presentation).
  • The effect of explicit instruction and error correction on learners’ grammatical accuracy. (共同)The Seventh CLS International Conference/CLaSIC2016. 2nd December 2016, National University of Singapore, Singapore (oral presentation).
  • The acquisition of English aspects in achievement verbs by Japanese learners of English. (共同)The Seventh CLS International Conference/CLaSIC 2016. 2nd December 2016, National University of Singapore, Singapore (oral presentation).
  • The effects of explicit instruction on derivational suffixes for Japanese adult L2 learners of English. (共同) The 35th Second Language Research Forum 2016, 23rd September 2016, Teachers College, Columbia University(oral presentation).
  • The interaction of animacy with the wh-extraction by Japanese learners of English. (共同)Pacific Second Language Research Forum 2016, Chuou University, Japan(oral presentation).
  • Acquisition of Probes for Short-Distance Wh-questions by Japanese Learners of English.(共同) Annual Conference of the European Second Language Association /EuroSLA26, 26th August 2016, University of Jyväskylä, Finland(oral presentation).
  • 中学生を対象とした疑問文と否定文の明示的指導の効果とその困難要因. 第46回中部地区英語教育学会三重大会. 2016年6月26日, 鈴鹿医療科学大学(口頭発表).
  • The effect of explicit instruction and error correction on learners’ grammatical accuracy.(共同)II International Conference on Teaching Grammar, 27th January 2016, University of Valencia(oral presentation).
  • 日本語母語話者による関係節構文の習得. 第41回全国英語教育学会熊本研究大会, 2015年8月22日, 熊本学園大学(口頭発表).
  • NP-DPのマッピングエラー -日本語母語話者による所有格の習得-. 日本第二言語習得学会2015年Summer Seminar, 2015年8月17日, 八王子セミナーハウス(口頭発表).
  • 英語のアウトプットに求められるもの. 第45回中部地区英語教育学会 和歌山大会, 2015年6月27日, 和歌山大学(口頭発表).
  • Wh随伴疑問文の習得プロセスとインプットの役割. 第44回 中部地区英語教育学会 山梨大会, 2014年6月22日, 山梨大学(口頭発表).
  • Acquisition of DO‐support and AUX‐inversion in English wh‐questions by Japanese‐speaking learners of English. 23rd Annual Conference of the European Second Language Association/EuroSLA 23, 30th August 2013, University of Amsterdam University(poster presentation).

研究助成・補助金

  • 科学研究費補助金(基盤研究C) 研究課題「高等学校修了生の英文法習熟度調査及び研究成果の教授法への応用」研究課題番号18K00747 (研究代表者:横田秀樹 2018年から2021年)
  • 科学研究費補助金(基盤研究B)研究課題「第二言語習得研究成果を活用したより効果的な英語指導法の開発」研究課題番号17H02358(研究代表者:白畑知彦 2017年から2020年)
  • 科学研究費補助金(基盤研究B)研究課題「インターフェイス理論による第二言語習得研究に基づく明示的外国語指導法の開発」研究課題番号26284077(研究代表者:白畑知彦 2014年から2016年)
  • 科学研究費補助金(基盤研究C)研究課題番号26370701 研究課題「中学校3年間での英語習熟度調査及び研究成果の教授法への応用」(研究代表者:横田秀樹 2014年から2017年)
  • 科学研究費補助金(基盤研究C)研究課題番号: 23520716「文法形態素習得難易度における『注意』の役割」(研究代表者: 横田秀樹 2011年から2013年)
  • 科学研究費補助金(基盤研究B)研究課題番号 22320101「第二言語習得の研究成果に基づく効果的な英語教授法・指導法の開発(研究分担者)(研究代表者: 白畑知彦 2010年から2013年)
  • 中部地区英語教育学会研究プロジェクトチーム「第二言語習得研究の成果とその英語教育への応用」(研究代表者: 横田秀樹 2007年から2010年)
  • 科学研究費補助金(基盤研究C)研究課題番号:19520522「UG-based SLAによる項目別英語文法指導法の開発」(研究代表者: 横田秀樹 2007年から2009年)
  • 科学研究費補助金(奨励研究)課題番号:16903015「コミュニケーションに使える文法習得のための統合的文法指導ソフトの開発」(研究代表者:横田秀樹 2004年から2006年)
  • 中部地区英語教育学会研究プロジェクトチーム「英語教育におけるaccuracyの重要性とその実践的アプローチ」(研究分担者)(研究代表者: 古家貴雄 2002年から2004年)
  • 第13回「英検」研究助成受賞 研究部門「英語文法性判断テスト - メタ言語知識に頼らない文法能力の測定 -」(財)日本英語検定協会 (2001年)
所属学会・団体 日本第二言語習得学会、全国英語教育学会、中部地区英語教育学会、大学英語教育学会 、日本英語学会、外国語教育メディア学会、European Second Language Association
社会的活動
  • 日本第二言語習得学会 運営委員(2001年から現在)
  • 日本第二言語習得学会 第1回から第19回年次大会実行委員(2001年から現在)
  • 日本第二言語習得学会 査読委員(2011年, 2012年, 2014年)
  • 中部地区英語教育学会 運営委員(2000年から2014年)
  • 中部地区英語教育学会 運営委員長(2012年から2014年)
  • 中部地区英語教育学会紀要編集・査読委員(2000年から2002年、2016年から2018年)
  • Pacific Second Language Research Forum 2016 大会実行委員(2015年から2016年)
  • 教員免許更新講習 講師(金沢学院大学)(2011年から2012年)
  • 三重県中学校英語研究会講演 講師(朝日町立朝日中学校)(2011年)
  • 平成24年度 中央大学 人文科学研究所 公開研究会 講師(中央大学 多摩キャンパス)(2012年)
  • 平成26年度 三重県高等学校英語教育研究会講演 講師(三重県立伊賀白鳳高校)(2014年)
  • 平成27年度「Mie SELHi」公開セミナー講演 講師(三重県立津東高等学校)(2015年)
  • 平成27年度三重県立四日市南高等学校PTA研修会 講演 講師(三重県立四日市南高等学校)(2015年)
  • 平成28年度 中央大学 人文科学研究所 公開研究会 講師(中央大学 多摩キャンパス)(2016年)
  • 慶応大学 システムデザイン・マネジメント研究科 博士号審査員(副査)(2016年)

 

メッセージ

私の研究の関心の一つは、ヒトの「こころ・脳」の仕組みの中の言語に関わる側面を解明することです。そのため、この分野は心理言語学と呼ばれています。もう一つは、それをもとに、どうすれば外国語を効率よく習得できるのかを研究する外国語教育にも関心があります。

ふつう、第一言語(母語)は、誰でも習得が可能(北川・上山 2004)ですが、第二言語(外国語)習得では、成功の保証はなく、一般的には失敗してしまいます(Bley-Vroman 1989)。よく12歳ころまでに外国語学習を始めるといいということが聞かれますが、大人になってから始めてもほぼ完全に習得できているケースもありますし、外国語初級学習者であっても最初から比較的簡単に習得できる文法項目や、逆に上級学習者になっても習得が難しい文法項目があることなどが先行研究から分かってきています。しかしながら、このような第一言語と第二言語の習得の根本的な違いはどこから来るのか、最も肝心なところがまだよく分かっていません。研究としては、逆に、よく分かっていないからこそ、誰も見たことがないことを発見する面白さがあります。そして、そのメカニズムを自分で考えてみることもできますし、それを実験で確かめることもできます。それは、とてもわくわくすることでもあり、そのようなメカニズムを解明することによって、新しい外国語の学習・教授方法を考え出すことも可能になるはずです。

ことばに興味のある人や英語教育・学習に関心のある人はぜひ一緒にこのような未知の世界を探ってみましょう。