ホーム > 学部・大学院 > デザイン学部 > デザイン学科 > デザインフィロソフィー領域

デザインフィロソフィー領域 デザイン学科


歴史・文化・技術等の学術的な知見をもとに、社会の幅広い分野において
デザインの役割を拡張できる人材を養成していきます

デザインとは何かを考える

デザインの基本は考えることです。デザインフィロソフィー領域では、学部を超えた様々な専門領域と連携し、芸術的感性だけでなく、歴史・文化・科学の知識を生かしながら、身近な暮らしや社会の中に問題を発見し、どのようなモノやコトがあれば解決できるのかを論理的、実証的にトータルに考えます。そして、様々な知恵やアイディアを結いあわせ、解決策の実現を目指します。

このプロセスを通して、デザイン論や手法を具体的に理解しながら、主に次のような分野についての研究や制作を進めていきます。
デザイン論、デザイン史   デザインの専門性やプロフェッション、デザインの運動性と社会性、近代・現代のデザインの歴史、技術・芸術・産業・文化とデザインなど
 
社会デザイン、
地域デザイン
  ソーシャルビジネスや社会システム、コミュニティのデザイン、地域の産業活性化やまちづくりのデザイン、地域連携やコミュニケーションのデザイン展開など
 
人間中心デザイン、
デザイン方法論
  人間工学に基づくデザイン、ヒューマンインターフェイスやフィッティングのデザイン、ユニバーサルデザイン、デジタルモデリング手法など
 
デザインマネジメント、
プロモーション
  トータルデザインのプロセスやシステム、企業や商品のブランドデザイン戦略、デザインマーケティング、セールスプロモーションなど
デザインフィロソフィー領域での授業風景や作品の画像