ホーム > 学部・大学院 > デザイン学部 > デザイン学科 > ビジュアル・サウンド領域

ビジュアル・サウンド領域 デザイン学科


情報技術とデザインを融合させた新しい分野の技術を駆使しながら、時代のニーズに応える独創的で付加価値の高いデザインを生み出せる人材を育成していきます。

グラフィックデザイン

視覚化された情報やメディアは多様であり、私たちの生活に欠かせません。CI・VI・パッケージ・エディトリアルなどグラフィックデザインの技術や表現方法だけでなく、各種のメディアの知識や技術、感性を生かした創造活動やビジュアルコミュニケーションデザインも学びます。
和菓子のパッケージの画像
蛇腹折のガイドブックの画像

映像デザイン

現代のメディアデザインの中核を成す、映像制作のための様々な手法を体系的に学びます。アニメーションの基礎からコンピュータグラフィックスや実写撮影、画像合成など、多彩な映像作成技法の実習をとおして、ユニークで質の高い映像コンテンツを生み出す表現力を養います。
実写風のコンピュータグラフィックス画像
アニメ風のコンピュータグラフィックス画像

インタラクティブデザイン

ビジュアル・サウンドなどのコンテンツを、人間や外界からの働きかけにリアルタイムに反応して生成する関係性を構築するプログラミングを学びます。具体的な作品として、ゲーム、科学館展示、インスタレーション(体験型造形)、メディアパフォーマンスなどの実現を目指します。
学生がコンクリートの壁に色を投影している光景の画像
学生が壁にプロジェクタの映像を映している光景の画像