ホーム > 学部・大学院 > デザイン学部 > デザイン学科 > ビジュアル・サウンド領域

ビジュアル・サウンド領域 デザイン学科


メディアとしての映像・グラフィック・サウンド等を駆使して、
時代に訴える新しい価値を生み出すことができる人材を養成していきます

グラフィックデザイン

視覚化された情報やメディアは多様であり、私たちの生活に欠かせません。CI・VI・パッケージ・エディトリアルなどグラフィックデザインの技術や表現方法だけでなく、各種のメディアの知識や技術、感性を生かした創造活動やビジュアルコミュニケーションデザインも学びます。
和菓子のパッケージの画像
蛇腹折のガイドブックの画像

映像デザイン

現代のメディアデザインの中核を成す、映像制作のための様々な手法を体系的に学びます。アニメーションの基礎からコンピュータグラフィックスや実写撮影、画像合成など、多彩な映像作成技法の実習をとおして、ユニークで質の高い映像コンテンツを生み出す表現力を養います。
実写風のコンピュータグラフィックス画像
アニメ風のコンピュータグラフィックス画像

絵本・イラストレーション

「ことばと絵によって物語る生き物」である絵本を通して、イラスト、グラフィック、ストーリーテリング、本の装丁など視覚伝達デザインの基礎を学びます。ゆたかに物語り描く喜びをデザインへと昇華させ、日常や社会のあらゆる局面に活かすことのできる総合力を育みます。
ビジュアル・サウンド領域、絵本・イラストレーションの写真
ビジュアル・サウンド領域、絵本・イラストレーションの写真