ホーム > 大学紹介 > フェアトレード大学の取組

フェアトレード大学の取組


フェアトレードとは


国際フェアトレード認証ラベル

「フェアトレード」とは、ヨーロッパを中心に1960年代に広まった、いわゆる開発途上国の農家や手工業者など、立場の弱い小規模生産者の自立と生活改善のため、公正な価格で取引を行う取組です。当初は、女性の手工芸品などの生産が中心でしたが、現在はチョコレート、バナナ、コーヒー、紅茶、ワインなどの食品にも広くひろがっています。1997年に国際フェアトレードラベル機構が設立され、国際フェアトレード認証のしくみが確立されたことにより、大手企業などもフェアトレード商品を扱うようになり、フェアトレード市場は急速に拡大しています。

フェアトレードの基準
(世界フェアトレード機関(WFTO)による)

  1. 生産者に仕事の機会を提供する
  2. 事業の透明性を保つ
  3. 公正な取引を実践する
  4. 生産者に公正な対価を支払う
  5. 児童労働および強制労働を排除する
  6. 性別に関わりなく平等な機会を提供する
  7. 安全で健康的な労働条件を守る
  8. 生産者の資質の向上を目指す
  9. フェアトレードを推進する
  10. 環境に配慮する

フェアトレード大学とは

「フェアトレード大学」とは、大学全体でフェアトレードの推進活動に取り組んでいる大学を認証するものです。世界で初めてフェアトレード大学に認定されたのは、イギリスのオックスフォードブルックス大学で、その後、欧米を中心に170余の大学がフェアトレード大学に認定されています。

日本でも2014年に「フェアトレード大学」の認定制度が作られており、「一般社団法人日本フェアトレード・フォーラム」が認証機関として。審査・認定を行っています。

フェアトレード大学の認定基準
(一般社団法人日本フェアトレード・フォーラムによる)

  1. フェアトレード普及を目指す学生団体が存在する。
  2. フェアトレードの普及を目指したキャンペーンや研究・教育活動がキャンパス内外で行われている。
  3. 大学当局がフェアトレード産品を調達している。
  4. フェアトレード産品がキャンパス内で購入可能である。
  5. 学生自治会、フェアトレード普及学生団体、大学当局の三者によってフェアトレード大学憲章が策定されている。

学内の売店で販売されているフェアトレード産品の数々

フェアトレード大学認定申請までの経緯

静岡文化芸術大学では、かねてより、フェアトレード学生団体「りとるあーす」がフェアトレード推進活動に精力的に取り組んでおり、学内外で数々のフェアトレード普及キャンペーンを実施してきました。その活動は大学全体にも広がり、大学事務局によるフェアトレード産品の購入や、学内の売店でのフェアトレード産品の販売などが行われるようになりました。

2016年1月には、大学全体で「フェアトレード大学」を目指すことの合意形成がなされ、学生団体と大学によって「静岡文化芸術大学フェアトレード大学憲章」を策定。2017年7月に学長によるフェアトレード支持の意思表明が行われ、同時に「静岡文化芸術大学フェアトレード憲章」が発表されました。そして、9月に「一般社団法人日本フェアトレード・フォーラム」にフェアトレード大学認定申請を行いました。

フェアトレード憲章発表・意見交換会の様子(2017年7月13日)

静岡文化芸術大学フェアトレード大学憲章

多文化共生を謳う浜松市では、外国にルーツを持つたくさんの人々が暮らし、共生のための取組みがなされている。しかし他方で、世界で深刻化している貧困や格差の問題を私たちが痛切に感じつづけることは容易ではない。 

フェアトレードとは、いわゆる開発途上国の農家や手工業者など、立場の弱い小規模生産者の自立と生活改善のため、公正な価格で取引きを行なう取組みである。日常の買い物を通してその取組みに参加できることから、近年「身近な国際協力」として、私たちの大学はもとより、浜松市でも多くの取組みが見られるようになった。また、フェアトレードの理念は、地産地消や障がい者があつかう商品購入の取組みとも通じるものである。 

私たちがフェアトレードの理念に深く共感し、全ての人々の平等を訴えつづけることは、私たち自身の未来を育むことでもある。しかしまだ、フェアトレードの認知度は低い。そのうえ、フェアトレード商品は値段が高く手を伸ばしにくいと感じる人も多い。私たちは、フェアトレードがより広く理解され、「あたりまえ」になる社会を目指し、学内で、また地域社会で一層の活動を続ける。 

私たちは、フェアトレードの理念を推進する。そして、フェアトレードの理念が根付くことを願う。

国内初のフェアトレード大学認定

2018年2月、静岡文化芸術大学は国内初となる「フェアトレード大学」に認定されました。
2018年2月6日 浜松市長を表敬訪問し、国内初のフェアトレード大学に認定されたことを報告しました。

写真左から、横山俊夫学長、フェアトレード推進学生サークル
代表の日比野 都麦さん、鈴木康友市長、下澤嶽 文化政策学部教授、
池上重弘副学長

フェアトレードタウン浜松市とともに

「フェアトレードタウン運動」とは、まちぐるみでフェアトレードの輪を広げる運動のことです。この運動は2000年にイギリスで誕生して以来、今では世界30カ国に広がり、フェアトレードタウンの数も2,000以上に達しています。日本では2011年に熊本市が国内初のフェアトレードタウンの認証を受けて以降、名古屋市、逗子市も認証を受けています。そして浜松市も、2017年11月、日本で4番目のフェアトレードタウンに認定されました。現在のところ、フェアトレードタウンにフェアトレード大学が立地しているのは日本で唯一浜松市だけです。今後も本学は浜松市と連携して、フェアトレード推進活動を展開していきます。

(参考1) フェアトレード全国フォーラム2017 in Hamamatsu

2017年11月19日 浜松市と静岡文化芸術大学の共催で「フェアトレード全国フォーラム2017 in Hamamatsu」が開催されました。
報告書はこちらでご覧いただけます。

https://www.suac.ac.jp/researchcenter/interact/event/file/12801/3_2017_fairtrade.pdf

(参考2) 浜松市が発行しているフェアトレード関連の啓発教材など

  • 『ぼくたち・私たちの消費行動が世界を変える!フェアトレード』(中学生向け)(PDF:6,743KB)
  • 『選んでみませんか?フェアトレード』(一般向け)(PDF:4,125KB)
  • はままつフェアトレードマップ 店舗一覧(表面)(PDF:1,351KB)
    マップ(裏面)(PDF:1,631KB)
  • NEW!!浜松のフェアトレード商品取扱店一覧(Excel:28KB)

こちらは 浜松市のサイトからダウンロードできます。

学内のフェアトレード推進学生団体の紹介

フェアトレード学生団体「りとるあーす」

フェアトレードの啓発と推進を目的に活動している大学の公認クラブ。国際文化学科の下澤教授の声掛けでフェアトレードに関心のある学生が集まり2011年に発足した。学内にフェアトレードの考え方をきちんと広めることを目標に掲げ、バレンタインデーに合わせてフェアトレードのチョコを学内で販売を行ったり、大学祭でフェアトレードカフェを開くなど、様々なフェアトレードの啓発活動を行っている。静岡文化芸術大学フェアトレード憲章の策定にも深く携わった。
(団体員数:約25名、顧問:国際文化学科 下澤 嶽 教授)

フェアトレード・地産地消 学生団体「TABEBORA(タベボラ)」

「TABEBORA(タベボラ)」は食べるボランティアの略。主に浜松駅前バスターミナルの地下広場でカフェを運営している。カフェでは、フェアトレードのコーヒーや紅茶、地産地消の野菜やフェアトレードのスパイスを使ったフードメニューを提供している。「りとるあーす」と同様にフェアトレードの啓発と推進を目標に掲げているが、カフェというスタイルで飲み物や食べ物を提供することで「偶然飲んだコーヒーがフェアトレードのものだったんだ。」と、手軽に関心を持ってもらえることに着目している。学外のフェアトレード団体とも広く連携して活動している。静岡文化芸術大学フェアトレード憲章の策定にも深く携わった。

新入生ガイダンスでフェアトレードについて説明する「りとるあーす」と「TABEBORA」のメンバー

フェアトレード産品の無料配布も行いました

フェアトレード・キッチンの取組

静岡文化芸術大学大学生協では、大学内で実施されるイベント、学会などで食事やパーティの手配のご要望をよくいただいておりますが、ご用意する食事の食材をフェアトレードや地産地消のものを中心にした「フェアトレード・キッチン」も実施しております。今後イベントや学会などを学内で実施される皆様も、ぜひご利用ください。

浜松三方原産 オーガニック秋じゃがのピザ
(カレーとしらす)

浜松ジビエ 鹿肉の串カツ
すべての料理は、フェアトレードの調味料、スパイスと合わせて、オーガニックな調味料で調理しています。

フェアトレード大学についてのお問い合わせ

フェアトレード大学についてのお問い合わせは、下記担当部署までお願いします。
担当 地域連携室
メール chiiki@suac.ac.jp
電話 053-457-6105
FAX 053-457-6123