ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 文化政策学部 教員紹介 > 舩戸 修一

教員紹介


舩戸 修一

FUNATO Shuichi
 

准教授

文化政策学部 文化政策学科

キーワード:農村社会学、環境社会学、中山間地域、人口減少、過疎
出身地 大阪府
学歴 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程単位取得退学(2000年)
学位 修士(学術)
経歴
  • 日本学術振興会 特別研究員(2000年から2004年)
  • 東京大学科学技術インタープリター養成プログラム 研究員(2006年から2009年)
  • 法政大学サステイナビリティ研究教育機構 研究員(2009年から2011年)
  • 静岡文化芸術大学講師(2011年)、准教授(2015年から)
資格 専門社会調査士(2005年)
担当授業分野 地域社会論、社会調査論、質的調査法、社会学概論、地域連携実践演習
研究分野 地域社会学、農村社会学、環境社会学
研究テーマ 農山村(中山間地域)についての社会学的な分析とその課題解決策の実践
研究業績 著書
  • 『食と農のコミュニティ論――地域活性化の戦略』(共著、創元社、2013年)
  • 『環境と社会』(編著、人文書院、2012年)
  • 『キーワード地域社会学』(共著、ハーベスト社、2010年)
  • 『用水のあるまち――東京都日野市・水の郷づくりのゆくえ』(共著、法政大学出版局、2010年)
  • 『科学コミュニケーション論』(共著、東京大学出版会、2008年)
  • 『共生社会の文化戦略――現代社会と社会理論:支柱としての家族・教育・意識・地域』(共著、梓出版社、1999年)

論文・解説
  • 「NHK『明るい農村(村の記録)』制作過程と『農業・農村』へのまなざしの変容――番組制作者に対する聞き取り調査をもとに」(共著、『マス・コミュニケーション研究』Vol.85、日本マス・コミュニケーション学会、2014年)
  •  「戦後ラジオ・テレビ放送における『農村』表象の構築プロセス――媒介者としてのNHK農林水産通信員に注目して」(共著、『年報社会学論集』Vol.27、関東社会学会、2014年)
  • 「〈食と農〉の環境社会学」(『環境社会学研究』Vol.18、環境社会学会、2012年)
  • 「共同購入による有機農業運動の現在――消費者グループ『安全な食べ物をつくって食べる会』を事例として」(『サステイナビリティ研究』Vol.1、法政大学サステイナビリティ研究教育機構、2010年)
  • 「有機農業と生産者の観察力――成田・三里塚『循環農場』の事例から」(『年報社会学論集』Vol.17、関東社会学会、2004年)
  • 「農民文学とその社会構想――農民文学者・犬田卯の農本思想」(『村落社会研究』Vol.20、日本村落研究学会、2004年)
  • 「生活資源を活用した地域特産品――熊本県南小国町の味噌作りの事例から」(『地域社会学会年報』Vol.16、地域社会学会、2004年)

その他の活動
  • 日本村落研究学会・監事(2015年から現在)
所属学会・団体 日本社会学会、地域社会学会、日本村落研究学会、環境社会学会、関東社会学会、東海社会学会、日本農業史学会、日本有機農業学会、日本マス・コミュニケーション学会
社会的活動
  • 浜松市 中山間まちづくり事業交付金審査会 審査委員(2012年から)
  • 浜松・中山間地域づくりシンポジウム「まちむらリレーション市民交流会議」企画(2015年から)
  • 静岡県 環境保全型農業直接支払制度評価委員会 委員(2016年から)
  • 静岡県 中山間地域等直接支払制度評価委員会 委員(2017年から)
  • 浜松市 生物多様性はままつ戦略改定部会専門委員会 委員(2017年から)
  • 日本村落研究学会 理事(2017年から)

 

メッセージ

「農山村」を社会学的に考える

現在、農山村は、一次産業(農林業)従事者の後継者不足、農産物価格の低迷、耕作放棄地の増加、野生動物による被害(獣害)、過疎や限界集落による集落機能の低下など様々な問題を抱えています。そのうえ市町村合併や地方財政の悪化に伴い、小中学校や病院の統廃合、公共交通の廃止など行政サービス削減によって住民同士の共同生活や相互扶助のうえに成り立ってきた農山村の暮らしが揺らいでいます。

浜松市も、このような問題と無縁ではありません。現在の浜松市は、2005年に12市町村が合併して新しく誕生した市です。この合併した地域には、以前から過疎問題を抱えていた農山村が含まれています。そのため浜松市は「政令指定都市」になりましたが、農山村の活性化は喫緊の課題でもあるのです。

一方、浜松市は、森林が約7割を占めるなど自然資源に恵まれています。また農業についても、2005年の『農林業センサス』によれば、総農家数は14,932戸で全国1位、農業従事者数15,746人で全国2位であり、農業の人的資源に比較的恵まれています。さらに農業産出額は全国第4位を誇っています。この点で、浜松市は、一次産業については、まだまだ潜在的な力を持っていると言えるでしょう。そこで、こうした自然資源を有効に活用しつつ、一次産業の活性化に結びつくことができれば、農林業を軸にした農山村の再生も不可能ではありません。

私は「社会学」を専門にしています。社会学は、“人と人とのつながり”や“人間と人間の関係”から社会を考えていきます。よって“農山村を社会学的に考える”とは、農山村における「人間の関係(家族の関係など)」、さらには産直運動やグリーン・ツーリズム(都市農村交流)に見いだされる「都市住民と農村住民の関係」などから考えることを意味します。皆さんも「社会学」という立場から浜松市の農山村の現状や課題解決策、そしてこの地域の可能性を考えてみませんか?