ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 文化政策学部 教員紹介 > 舩戸 修一

教員紹介


舩戸 修一

FUNATO Shuichi
 

教授

文化政策学部 文化政策学科

キーワード:農村社会学、環境社会学、中山間地域、人口減少、過疎
出身地 大阪府
学歴 東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程単位取得退学(2000年)
学位 修士(学術)
経歴 日本学術振興会 特別研究員(2000年から2004年)
東京大学科学技術インタープリター養成プログラム 研究員(2006年から2009年)
法政大学サステイナビリティ研究教育機構 研究員(2009年から2011年)
静岡文化芸術大学講師(2011年)、准教授(2015年)、教授(2020年から)
資格 専門社会調査士(2005年)
担当授業分野 地域社会論、社会調査論、質的調査法、社会学概論、地域連携実践演習
研究分野 地域社会学、農村社会学、環境社会学
研究テーマ 農山村(中山間地域)についての社会学的な分析とその課題解決策の実践
研究業績 著書  
  • 『変容する都市のゆくえ:複眼の都市論』(共著、文遊社、2020年)
  • 『食の6次産業化と地域振興』(共著、春風社、2015年)
  • 『食と農のコミュニティ論――地域活性化の戦略』(共著、創元社、2013年)
  • 『環境と社会』(編著、人文書院、2012年)
  • 『キーワード地域社会学』(共著、ハーベスト社、2010年)
  • 『用水のあるまち――東京都日野市・水の郷づくりのゆくえ』(共著、法政大学出版局、2010年)

論文・解説
  • 「帰郷意識をめぐる『限界集落に居住する親』と『他出子』との認識の差異――浜松市天竜区佐久間町の調査から」(『社会と調査』Vol.25、一般社団法人社会調査協会、2020年刊行予定)
  • 「『関係人口論』の地域社会学的考察――浜松市天竜区佐久間町の集落調査を踏まえて」(『地域社会学学会会報』Vol.219、2020年)
  • 「『他出子』の帰郷をめぐる親世代の意識の交錯――浜松市天竜区佐久間町を事例として」(『東海社会学会年報』Vol.11、2019年)
  • 「NHK『明るい農村(村の記録)』制作過程と『農業・農村』へのまなざしの変容――番組制作者に対する聞き取り調査をもとに」(共著、『マス・コミュニケーション研究』Vol.85、日本マス・コミュニケーション学会、2014年)
  • 「戦後ラジオ・テレビ放送における『農村』表象の構築プロセス――媒介者としてのNHK農林水産通信員に注目して」(共著、『年報社会学論集』Vol.27、関東社会学会、2014年)
  • 「〈食と農〉の環境社会学」(『環境社会学研究』Vol.18、環境社会学会、2012年)
  • 「共同購入による有機農業運動の現在――消費者グループ『安全な食べ物をつくって食べる会』を事例として」(『サステイナビリティ研究』Vol.1、法政大学サステイナビリティ研究教育機構、2010年)

その他の活動
  • 地域社会学会理事(2018年から現在)
  • 日本村落研究学会 研究年報編集委員(2017年から現在)
  • 東海社会学会理事(2016年から現在)
所属学会・団体 日本社会学会、地域社会学会、日本村落研究学会、環境社会学会、関東社会学会、東海社会学会、日本農業史学会、日本マス・コミュニケーション学会
社会的活動
  • 静岡県「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」カリキュラム開発等専門家(2019年から現在)
  • 静岡県 中山間地域等直接支払制度評価委員会 委員(2017年から現在)
  • 静岡県 環境保全型農業直接支払制度評価委員会 委員(2016年から現在)
  • 浜松・中山間地域づくりシンポジウム「まちむらリレーション市民交流会議」企画(2015年から現在)
  • 浜松市 中山間地域まちづくり事業交付金審査会 審査委員(2012年から現在)

 

メッセージ

「農山村」を社会学的に考える

現在、農山村は、一次産業(農林業)従事者の後継者不足、農産物価格の低迷、耕作放棄地の増加、野生動物による被害(獣害)、過疎や限界集落による集落機能の低下など様々な問題を抱えています。そのうえ市町村合併や地方財政の悪化に伴い、小中学校や病院の統廃合、公共交通の廃止など行政サービス削減によって住民同士の共同生活や相互扶助のうえに成り立ってきた農山村の暮らしが揺らいでいます。

浜松市も、このような問題と無縁ではありません。現在の浜松市は、2005年7月に12市町村が合併して新しく誕生した市です。この合併した地域には、以前から過疎問題を抱えていた農山村が含まれています。そのため浜松市は「政令指定都市」になりましたが、農山村の維持は喫緊の課題です。

昨今、農山村では65歳以上が半分以上を占める集落を「限界集落」と呼び、その消滅可能性を煽る論調が見られます。そのため「人口減少⇒集落消滅」という社会解体図式があたかも集落の未来予想図として受け止められています。

しかし、そのような集落には、そこから転出した子どもたち――「他出子」と言います――が実家に通い、親の生活支援をしている現実があります。このような集落を越えた家族関係が維持されていると、人口減少や高齢化が進んでも、そう簡単に集落は消滅しないと思われます。

私は「社会学」を専門にしています。社会学は「人と人とのつながり」や「人間と人間の関係」から社会を考えていきます。人間は関係で生きています。地域を人口や高齢化率で判断するのではなく、家族関係から考えることが大切です。皆さんも「社会学」という立場から農山村という地域について考えてみませんか?