ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 文化政策学部 教員紹介 > 森 俊太

教員紹介


森 俊太

MORI Shunta
 

文化政策学部長 教授

文化政策学部 文化政策学科
大学院 文化政策研究科

E-mailアドレス f8#7mori@suac.ac.jp

キーワード:
社会包摂、社会変動、社会理論、教育と雇用、生きがい、ワーク・ライフ・バランス
出身地 東京都
学歴 カリフォルニア大学サンタクルズ校大学院社会学研究科博士課程修了
学位 Ph.D.(カリフォルニア大学 社会学)
経歴
  • カリフォルニア大学サンタクルズ校助手、助教、講師(1986年から1988年)
  • インパクト・ジャパン株式会社 アウトドア研修人材開発講師(1989年から1990年)
  • 静岡理工科大学 国際文化センター研究員・企画室長補佐(1991年から1996年)
  • いわき明星大学人文学部社会学科助教授(1996年から2000年)
  • コロラド・カレッジ社会学科/アジア研究学科客員教授(2001年から2012年、2018年)
  • 静岡文化芸術大学助教授(2000年から2003年)、教授(2004年から) 他
資格 専門社会調査士
担当授業分野 社会学、社会理論、多様性と社会的包摂、社会調査特論 など
研究分野 社会変動、比較社会、社会問題論、社会的包摂
研究テーマ 多様化と格差化
研究業績 著書
  • 『生きがいの社会学』共著、弘文堂、2001年
  • Japan's Changing Generations: Are Young People Creating a New Society? 共著、RoutledgeCruzon、2003年 他

論文・解説
  • 「教育費の実態と課題:家計の負担と国や自治体、学校の対応に関する調査研究 報告書」、 公益財団法人静岡県勤労者福祉基金協会 静岡ワークライフ研究所 、2017年
  • 「勤労者アンケート調査から見た、静岡県における雇用・労働・人材育成を取り巻く諸問題の現状と政策課題」、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会 静岡ワークライフ研究所、2014年 他
受賞歴
  • Phi Beta Kappa(1982年)
  • カリフォルニア大学理事会奨学生 (1982年、1983年)
所属学会・団体 多文化関係学会、日本教育社会学会、日本社会学会、IDE大学協会 他
社会的活動 静岡県情報公開審査会委員(2009年から)、静岡県男女共同参画会議委員(2013年から)、NPO法人はままつ子育てネットワークぴっぴ理事(2008年から)、公益財団法人静岡県労働者福祉基金協会静岡ワークライフ研究所客員研究員(2004年から)、一般財団法人国際教育文化交流協会評議員(2014年から)、国土交通省中部地方整備局事業評価監視委員会委員(2014年から) 他

 

メッセージ

主に日本社会の変化について、社会的包摂、格差化、生きがいなどの視点から研究しています。最近は特に、教育・雇用制度、障害(特に発達障害)、性的自認・指向について、社会的排除と包摂の視点から調査しています。また、県内の勤労者や企業を対象とした研究を行うシンクタンクに、十数年間、中心的な立場で関わっていて、様々な調査研究プロジェクトに参加しています。

研修会社で講師をしていた際には、国内外の企業や団体の海外派遣要員や多国籍・多文化部署の社員を対象に、チームワークやリーダーシップ、問題解決能力育成の研修を担当しました。さらに、学業や研究、ボランティア活動などで海外に長期滞在しており、比較社会・比較文化の視点を養う機会を多く持ちました。このような経験を客観的に振りかえりつつ、教育や研究、社会活動に活かすようにしています。