ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 文化政策学部 教員紹介 > 二本松 康宏

教員紹介


二本松 康宏 教授写真

二本松 康宏

NIHONMATSU Yasuhiro
 

教授

文化政策学部 国際文化学科

E-mailアドレス y-niho@suac.ac.jp

キーワード:伝承文学、諏訪信仰、鷹狩り、昔話、伝説
出身地 長野県長野市(戸隠)
学歴 立命館大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程後期課程 学位取得修了(1998年)
学位 博士(文学)
経歴
  • 大阪大学非常勤講師(1998年から2008年)
  • 大阪大谷大学非常勤講師(1998年から2006年)
  • 日本学術振興会特別研究員(1999年から2002年)
  • 立命館大学非常勤講師(2001年から2010年)
  • 関西外国語大学非常勤講師(2002年から2008年)
  • 甲南大学非常勤講師(2006年から2008年)
  • 静岡文化芸術大学講師(2008年から2011年)、准教授(2011年)、教授(2016年から)
  • 静岡県立大学非常勤講師(2018年から)
資格 学芸員資格
担当授業分野 文学、日本文学A、日本文学作品研究、日本文学史、国語科教育法 など
研究分野 伝承文学
研究テーマ 中世後期諏訪信仰の総合的研究、春野の民話、放鷹文化
研究業績 著書
  • 『曽我物語の基層と風土』(単著、三弥井書店、2009年)
  • 『中世の軍記物語と歴史叙述 』(共著、佐伯真一編、中世の寺社縁起と参詣第4巻、竹林舎、2011年)
  • 『中世の寺社縁起と参詣』(共著、徳田和夫編、中世の寺社縁起と参詣第8巻、竹林舎、2013年)
  • 『水窪のむかしばなし』(共著、二本松康宏監修、植田沙来・内村ゆうき・野津彩綾・福島愛美・山本理沙子編著、三弥井書店、2015年)
  • 『諏訪信仰の中世―神話・伝承・歴史―』(共著、福田晃・徳田和夫・二本松康宏編、 三弥井書店、2015年)
  • 『みさくぼの民話』(共著、二本松康宏監修、岩堀奈央・植木朝香・末久千晶・鷹野智永・久田みずき編著、三弥井書店、2016年)
  • 『みさくぼの伝説と昔話』(共著、二本松康宏監修、佐藤妃莉・下川知沙子・羽石誠之助・東美穂・平手結花・山本かむい編著、三弥井書店、2017年)
  • 『たつやまの民話』(共著、二本松康宏監修、稲葉夏鈴・岡田真由子・小林由芽・玉置明子・中谷文音・毛利とわ編著、三弥井書店、2018年)
  • 『諏訪信仰の歴史と伝承』(共著、二本松康宏編、三弥井書店、2019年)
  • 『春野のむかしばなし』(共編著、二本松康宏監修、伊藤優華・藤井優・吉髙里編著、三弥井書店、2019年)

論文
  • 「真名本『曽我物語』河津最期の風景―奥野の狩庭をめぐって―」(単著、『軍記と語り物』38、軍記・語り物研究会、2002年)
  • 「浜松市天竜区水窪町の昔話 ―塩の道と山の暮らし―」(『昔話―研究と資料-』44、日本昔話学会、2016年)

解説・注釈・資料紹介
  • 『平家物語大辞典』(共著、大津雄一・日下力・佐伯真一・櫻井陽子編、東京書籍、2010年)「伝説総説」、「平家落人伝説」(224話)、「源頼政」(18話)、「木曽義仲」(82話)、「房総の頼朝」(38話)、「池月と磨墨」(65話)を担当

企画・プロジェクト
  • 第1回放鷹文化講演会「諏訪と鷹狩」(主催:研究会主催、共催: 諏訪市教育委員会、長野県諏訪市、2008年)
  • 第2回放鷹文化講演会「徳川家康公と鷹狩」(主催:静岡文化芸術大学、共催: 静岡市・鷹書研究会、静岡県静岡市、2009年)
  • 第3回放鷹文化講演会「宇都宮と鷹狩」(主催:國學院大学院友会栃木県支部、共催:宇都宮市・宇都宮市教育委員会・鷹書研究会、栃木県宇都宮市、2010年)
  • 第4回放鷹文化講演会「家康公と鷹狩り」(主催:静岡文化芸術大学、共催: 浜松市・鷹書研究会、静岡県浜松市、2010年)
  • 第5回放鷹文化講演会「鷹狩文化と祢津氏」(主催:東御市・東御市教育委員会、共催:静岡文化芸術大学・鷹書研究会、長野県東御市、2011年)
  • 第6回放鷹文化講演会「三河・鷹丘-鷹狩りのふるさと-」(主催:鷹丘文化協会・豊橋市鷹丘校区自治会、共催:静岡文化芸術大学・鷹書研究会、愛知県豊橋市、2011年)
  • 第7回放鷹文化講演会「信濃の鷹狩り」(主催:鷹書研究会、長野県長野市、2012年)
  • 第8回放鷹文化講演会「富士と鷹狩」(主催:静岡文化芸術大学、共催:富士宮市・富士宮市教育委員会・鷹書研究会、静岡県富士宮市、2012年)
  • 第9回放鷹文化講演会「松代藩と鷹狩り」(主催:エコール・ド・まつしろ倶楽部・NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会・真田会、共催:鷹書研究会、長野県長野市、2014年)
  • 第10回放鷹文化講演会「家康公と田中城―鷹狩りの道―」(主催:藤枝市・東海道街道文化創造事業実行委員会、共催:静岡文化芸術大学、静岡県藤枝市、2015年)
  • 「松代城と鷹狩り」(主催:エコール・ド・まつしろ倶楽部・NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会・真田会、長野県長野市、2016年)
  • 岡崎市制100周年記念「家康公がこよなく愛した鷹狩り」(主催:一般社団法人岡崎パブリックサービス、共催:静岡文化芸術大学、愛知県岡崎市、2016年)
  • 「松代城と鷹狩り」(主催:NPO法人夢空間松代のまちと心を育てる会、長野県長野市、2017年)
  • 「国宝松本城と鷹狩」(主催:松本市、松本市教育委員会、後援:長野県教育委員会、協力:静岡文化芸術大学、長野県松本市、2017年)
  • 「国宝松本城と鷹狩り」(主催:松本市、松本市教育委員会、後援:長野県教育委員会、協力:長野県立大学、長野県松本市、2018年)
所属学会・団体 説話・伝承学会(委員)、日本昔話学会(委員)、伝承文学研究会(幹事)、中世文学会、軍記・語り物研究会、中世後期諏訪信仰研究会(代表)
社会的活動
  • SBS学苑浜松校 講師 (2009年から2012年)
  • 富士宮青年会議所 平成22年度総会 講師 (富士宮市 クリスタルホールパテオン 2010年)
  • NHK文化センター浜松校 講師 (2013年から2018年)
  • 静岡県 富士山県民講座 講師 (静岡文化芸術大学 2013年)
  • 富士市 富士市民大学(市民歴史講座) 講師 (富士市 文化会館ロゼシアター  2014年、2015年)
  • 徳川家康公顕彰四百年記念事業「徳川みらい学会 平成27年度第3回講演会」 講師 (静岡市 市民文化会館 2015年)
  • 浜松市 市民アカデミー 講師 (浜松市 アクトシティ浜松 2015年)
  • SBSラジオ『知ってお得!日本の心、再発見』 毎月第2月曜日 (2016年から2018年)
  • 小海町史談会 講師 (長野県小海町 生涯学習センター集楽館 2016年)
  • 地域おこしグループあざみの会 講師 (群馬県東吾妻町 岩櫃ふれあいの郷 2016年、2017年)
  • 平成29年度長野県神社総代会東信連合会総会 講師 (長野県佐久市 あいとぴあ臼田 2017年)
  • 第49回全国諏訪神社連合大会総会 講師 (長野県下諏訪町 下諏訪総合文化センター 2017年)
  • 図書館で学ぶ!浜松地域の伝説と昔話 講師(浜松市 城北図書館 2018年)
  • 平成30年度佐久市立望月歴史民俗資料館講座(長野県佐久市 駒の里ふれあいセンター 2018年)

 

メッセージ

専門領域

私の専門は「日本文学」です。そのなかで「伝承文学」という分野を専攻しています。文学の生まれいづる風景、文芸を支える環境、そうした伝承の基層とそこに秘められた“謎”を解き明かします。重視するのはフィールドワーク(実地調査)による実感と感動、そして実証的検証です。
 

鷹狩りの文化と伝承

全国各地で鷹狩りの文化と伝承に関する講演会と古式放鷹術の実演を開催しています。
 

曽我物語の基層と風土

“怨霊の鎮魂”と“狩猟の民俗”を手がかりとして『曽我物語』の成立を解き明かします。
 

諏訪縁起の風景

信州・諏訪大社の中世神話「甲賀三郎物語」について、その生成を支えた在地の風景を追っています。
 

昔話と伝説

浜松市天竜区の水窪、龍山、春野で昔話や伝説の採録調査をしています。

 

異形の文学

「水神の片腕」「天井裏の神秘」「戌亥の聖域」「暗闇の朝廷」など、従来的な文学のジャンルにとらわれない研究をしています。