ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > 文化政策学部 教員紹介 > 武田 好

教員紹介


武田好 教授写真

武田 好

TAKEDA Yoshimi
 

教授

文化政策学部 国際文化学科

キーワード:イタリア語、ヴェリズモ・オペラ、マキァヴェッリ、君主論
出身地 大阪府
学歴 大阪外国語大学大学院外国語学研究科イタリア語学専攻修了(1987年)
学位 文学修士
経歴
  • 相愛大学非常勤講師(1986年から2006年)
  • 神戸新聞文化センター(神戸日伊協会)講師(1988年から2000年)
  • 桃山学院大学非常勤講師(1993年から2003年)
  • NHK神戸文化センター講師(1995年から)
  • NHKラジオイタリア語講座講師(1998年から2009年、2018年)
  • 神戸女学院大学非常勤講師(2001年から2006年)
  • 星美学園短期大学専任講師(2007年から2009年)
  • 慶應義塾大学非常勤講師(2007年から2014年)
  • 星美学園短期大学准教授(2010年から2013年)
  • NHK教育テレビイタリア語会話講師(2012年から2013年)
  • 静岡文化芸術大学准教授(2014年)、教授(2016年から)
担当授業分野 イタリア語、イタリア文化史、ルネサンス文化史
研究分野 イタリア語、イタリア文化
研究テーマ
  • マキァヴェッリと『君主論』
  • 19世紀イタリアオペラ
  • イタリア語教授法、イタリア語教材開発
研究業績 著書・訳書
  • 『Andiamo in Italia!(イタリア語初級テキスト)』(単著、南欧図書、1997年)
  • 『マキァヴェッリ全集5 使節報告書』(共訳、筑摩書房、1999年)
  • 『マキァヴェッリ全集6 政治小論』(共訳、筑摩書房、2000年)
  • 『イタリア語をはじめよう!Cominciamo l'italiano!』(単著、NOVA出版局、2001年)
  • 『基本表現80で身につくイタリア語』(単著、かんき出版、2003年)
  • 『イタリアオペラを原語で読む カヴァレリア・ルスティカーナ』(単著、小学館、2004年)
  • 『入門終えたら もっとしゃべれるイタリア語』(単著、NHK出版、2005年)
  • 『マキァヴェッリの生涯 その微笑の謎』マウリツィオ・ヴィローリ著(単訳、白水社、2007年)
  • 『CDブック これなら覚えられるイタリア語単語帳』(共著、NHK出版、2008年)
  • 『イタリアオペラに行こう アリアでたどる愛と情熱の世界』(単著、NHK出版、2010年)
  • 『100分de名著 君主論 マキャベリ』(単著、NHK出版、2012年)
  • 『これならわかる イタリア語文法』(単著、NHK出版、2016年)

論文・解説
  • 「1898年の女性労働保護法論争について ―モッツォーニとクリショフの女性解放思想―」(『イタリア学会誌』第41号、1991年)
  • 『アンナ・クリショフの軌跡 ―アンドレア・コスタとの関係―』(『池田廉教授退官記念論集』大阪外国語大学、1993年)
  • “Vulnerabilità del mass-media e corretto uso delle parole. Il caso giapponese. Intorno alla dichiarazione dello scrittore Yasutaka Tsutsui.(マスメディアの脆弱性と言葉の正しい使い方について。日本の場合:作家筒井康隆氏をめぐる動き)”(CIVILTÀ ITALIANA ANNO XIX, Associazione Internazionale dei Professori di Italiano, 1995年)
  • 「外国語学習時における『文明の衝突』 ―心理伝達の障壁となる文化的差異について―」(『南欧文化研究論集』Vol.1 桃山学院大学、1997年)
  • 「マキァヴェリのチェーザレ経験 ―ロマーニャへの使節行報告を通して―」(『AULA NUOVA イタリアの言語と文化』大阪外国語大学、1997年)
  • 「外国語教育と実践的クラス経営のあり方 ―イタリア語教育の現場から―」(『南欧文化研究論集』Vol.2、桃山学院大学、1998年)
  • 「イタリア語教育の実践とシステム ―大学における外国語教育の意義―」(『南欧文化研究論集』Vol.3、桃山学院大学、2000年)
  • 「日本における女子大学の役割について ―神戸女学院大学を事例として― Il ruolo delle università femminili in Giappone: il caso della Kobe Jogakuin University」(『神戸女学院大学女性学インスティチュート 女性学評論』神戸女学院大学、2007年)
  • 「カヴァレリア・ルスティカーナ ―短編、戯曲 そして歌劇―」(『星美学園短期大学日伊総合研究所報』第4号、2008年)
  • 「『短編 カヴァレリア・ルスティカーナ』『戯曲 カヴァレリア・ルスティカーナ』」(『星美学園短期大学研究論叢』第40号、2008年)
  • 「2008年度イタリア語学研修報告 ―その学習効果と今後の改善点について―」(『星美学園短期大学研究論叢』第41号、2009年)
  • 「イタリアオペラを読む、見る、楽しむ ―《愛の形》と《愛の表現》を追って―」(『星美学園短期大学日伊総合研究所報』第6号、2010年)
  • 「2010年度イタリア語学研修報告 ―短大1年生の適応過程の検証、および実施時期についての一考察―」(『星美学園短期大学研究論叢』第43号、2011年)
  • 「ヴェルディ オペラの男たち ―G.ヴェルディ生誕200年に寄せて―」(『星美学園短期大学日伊総合研究所報』第10号、2014年)

その他の活動
  • NHKラジオ講座講師(応用編12期、入門編3期)
    『NHKラジオイタリア語講座応用編』《Primi passi in Italia(中級への第一歩)》(単著、1998年1月から3月号、NHK出版)
    『NHKラジオイタリア語講座応用編』《Comunicare bene(イタリア語感覚を磨こう)》(単著、1999年4月から9月号、2000年10月から12月,2001年1月から3月号、NHK出版)
    『NHKラジオイタリア語講座応用編』《Tutti insieme! (手紙に見るイタリア語の世界)》(単著、2000年4月から6月号、2001年4月から6月号、2002年4月から6月号、NHK出版)
    『NHKラジオイタリア語講座応用編』《Italiano in prima fila(オペラで学ぶイタリア語)》(単著、2002年1月から3月号、2003年7月から9月号、NHK出版)
    『NHK出版ラジオイタリア語講座応用編』《Italiano in prima fila(オペラで学ぶイタリア語Ⅱ)》(2003年1月から3月号、2005年1月から3月号、NHK出版)
    『NHKラジオイタリア語講座入門編』《サバイバル術ステップ100》(単著、2004年4月から9月号、2006年10月から12月,2007年1月から3月号、NHK出版)
    『NHKラジオイタリア語講座入門編』《アンコールイタリア語講座Ⅱ》(単著、2008年7月から9月号、2009年1月から3月号《オペラで学ぶイタリア語Ⅱアンコール講座》、NHK出版)
    『NHKラジオイタリア語講座入門編』《イタリア暮らし6ヶ月 フレーズマスター Ce la faccio!》(単著、2018年4月から9月号、NHK出版)
  • NHK教育テレビ「100分de名著 マキャベリ『君主論』」講師(2011年10月)
    第1回「自立した人間として生きろ」第2回「リーダーの条件とは」第3回「人間関係の極意」第4回「賢い交渉のツボ」
    『君主論 マキャベリ(100分de名著)2011年10月号テキスト』(単著、NHK出版)
  • NHK教育テレビ「EURO24 テレビでイタリア語」講師(4期)
    『テレビでイタリア語テキスト』《「24の街あるきフレーズでローマを体感」本文、中級文法編、発音のコツ》(単著、2012年4月から9月号、2013年10月から12月号,2014年1月から3月号、NHK出版)
    『テレビでイタリア語テキスト』《「五感+αで南イタリアを体感」本文、発音のコツ、中級文法、イタリアオペラに行こう、イタリア語文法道しるべ》(単著、2013年4月から9月号、2014年10月から12月号、2015年1月から3月号、NHK出版)


項目執筆、講演など

  • 『小学館 和伊中辞典 第2版』(共著、小学館、2008年)
  • 「イタリア ことばと文化 Q&A」(1)から(36)(『NHKラジオイタリア語講座テキスト』2003年4月から2006年3月号)
  • 「間違いやすいイタリア語」(1)から(36)(『NHKラジオイタリア語講座テキスト』2006年4月から2009年3月号)
  • 「オペラで学ぶイタリア語」(1)から(36)(『NHKラジオイタリア語講座テキスト』 2006年4月から2009年3月号)
  • 神戸日伊協会主催講演会「イタリアの文化 ― dolce fare niente ―」(1991年)
  • 神戸女学院大学主催公開講演会「イタリア女性のライフスタイル」(2004年)
  • 2005 Europe-Japan Forum on Gender Studies(欧日ジェンダー研究フォーラム)"Il Ruolo dell'Università femminile in Giappone"(日本における女子大学の役割)(2005年)
  • 日伊協会第60回談話会「ヴェリズモオペラに見る男性像 ―歌劇《道化師》3つの愛―」(2011年)
  • 東京イタリア文化会館主催イタリアブックフェア2011「イタリアオペラに行こう アリアでたどる愛と情熱の世界」(2011年)
  • XIII SETTIMANA DELLA LINGUA ITALIANA DEL MONDO “Ricerca, Scoperta, Innovazione: L’Italia dei saperi”第13回世界イタリア語週間イタリア語研究者の集い“Approcci e metodi per l’insegnamento dell’italiano al Seibi Gakuen College e la lingua italiana come strumento per la realizzazione di un sogno”(星美学園短期大学におけるイタリア語教育の取り組みと手法、そして夢を実現する手段としてのイタリア語)”(2013年)
  • 朝日カルチャーセンター/朝日JTB・交流文化塾(新宿) 「外交官マキャヴェッリとイタリア・ルネサンス」(2015年)
受賞歴 第10回ピーコ・デッラ・ミランドラ賞共同受賞(『マキァヴェッリ全集』筑摩書房、2000年)
所属学会・団体 日本イタリア学会、Associazione Internazionale dei Professori d’Italiano(A.I.P.I.)、地中海学会、伊日研究学会

 

メッセージ

「モッツァレラチーズ」「ジェラート」という言葉は、ごく日常的な日本語として定着したように思います。イタリアの人口は日本のおよそ半分、国土面積は約8割です。イタリア語は、英語、フランス語、スペイン語に次いで、世界で最も多く学ばれる言語の第4位です(2014年6月16日付http://www/corriere.it)。また、約5億人の人口を有するEU域内で、イタリア語はドイツ語に次いで英語とともに2番目に多く話されています。

イタリア語を学ぶことは文化を学ぶことにつながります。たとえば、近代法の起源は古代ローマの法律に遡ります。「五線譜・音符」を考案したのは中世イタリアの修道僧で、音楽用語の多くはイタリア語です。複式簿記はルネサンス期のイタリアが発祥です。オペラはちょうど日本で歌舞伎が始まった頃フィレンツェで誕生しました。現在、様々な分野にみるイタリアが持つブランド力、デザイン力については言うまでもありません。

イタリアが国として成立したのは1861年のことです。そののち約1世紀の間に約3千万人のイタリア人が国外に移民しましたが(2018年7月30日付https://www.focus.it)、1970年代を境に移民受け入れ国に転じます。急激に増加する移民への対応はイタリア社会の喫緊の課題です。

世界遺産の登録件数は世界最多で(54, 日本は22)、年間約6千万人の観光客が訪れる観光立国でもあります(JNTO2017年データ)。近年、オーバーツーリズムのもたらす影響が社会問題化しています。

ファッションや食文化だけでなく、多元的にアプローチできるのがイタリア文化です。「イタリア」を知ることは、私たちの社会の歴史において、美術、建築、音楽、文学、教育、デザインなど幅広い領域に与えた文化の力を理解することにつながります。イタリアの言葉を軸に「創造性」と「美的感性」を生み出すエネルギーを体得しましょう。世界最古の大学ボローニャ大学と本学は2014年に交換留学協定を提携し、毎年本学から学生が留学しています。
AI時代だからこそ、よく生きるための術を知ること、《godersi la vita》(生きることを楽しめ)がすべてです。