教員紹介

花澤 信太郎 教授写真

花澤 信太郎HANAZAWA Shintaro

教授

  • デザイン学部 デザイン学科(建築・環境領域)
  • 大学院 デザイン研究科
キーワード:
都市デザイン、建築デザイン、空間デザイン、風景とランドスケープ
出身地 千葉市
学歴 東京大学大学院工学系研究科 博士課程修了(2005年)
学位 博士(工学)(東京大学、2005年)
経歴
  • SHIN建築設計事務所(1992年から2006年)
  • 壱岐坂アーキテクツ、共同主宰(1998年から2006年)
  • 静岡文化芸術大学准教授(2009年)、教授(2014年から)
資格 一級建築士
担当授業分野 空間計画、建築設計演習Ⅰ、都市デザイン特論
研究分野 都市の空間構成
研究テーマ 日本近世の都市空間
研究業績 著書
  • 『60プロジェクトによむ日本の都市づくり』(共著、東京、朝倉書店、2011年)

論文・解説
  • 「東海道における直進する街路からのランドスケープ」(単著、日本建築学会計画系論文集、2015年)
  • 「近世東海道の四大橋からの景観に関する考察」(単著、日本建築学会学術講演梗概集、2014年)
  • 「東海道吉原宿における空間構成に関する考察」(単著、日本建築学会学術講演梗概集、2013年)
  • 「近世東海道における橋からの景観に関する考察」(単著、日本建築学会学術講演梗概集、2012年)
  • 「SUACの学習環境についての考察」(共著、『静岡文化芸術大学研究紀要』Vol.10、2010年)
  • 「前近代における運河と河川の方向設定に関する考察」(単著、日本建築学会学術講演梗概集、2010年)
  • 「関東における五街道の宿駅と街路の形態に関する考察」(単著、日本建築学会学術講演梗概集、2009年)
  • 「SUAC図書館の将来の可能性に向けての提言」(共著、『静岡文化芸術大学研究紀要』Vol.9、2008年)
  • “Shin, Gyo, So: The Traditional Concepts of Spatial Design in Japan”(HANAZAWA Shintaro, NISHIMURA Yukio, KITAZAWA Takeru, NAKAJIMA Naoto, Papers for the 11th IPHS Conference (CD-ROM), The International Planning History Society, 2004)
建築設計
  • N邸(2011年竣工)
  • 団欒の家(2006年)
  • H邸(2003年竣工)
  • 小倉台の家(2000年竣工)
  • 加曾利の家(2000年発表)
講演等
  • バウハウスの挑戦(浜松市美術館、2008年)
受賞歴
  • あたたかな住空間デザインコンペ入賞(2000年)
  • INAXデザインコンテスト入選(1995年)
所属学会・団体 日本建築学会、日本都市計画学会
社会的活動
  • 静岡県景観推進アドバイザー(2017から)
  • 掛川市景観審議会委員(2011年から2013年)
  • 浜松市地域公共交通会議委員(2011年から)
  • 浜松市新美術館基本構想策定委員会専門委員(2009年から2010年)
  • 浜松市立図書館協議会委員(2009年から2013年)
  • 国土利用計画浜松市計画策定庁内検討会 専門委員(2008年から2010年)
  • 浜松市都市計画マスタープラン策定検討会 委員(2007年から2010年)

メッセージ

2020年に始まった新型コロナウイルスの流行により、大学における授業も通常とは違う形での運用となりましたが、その過程でこれまでは気付かなかったいくつかの発見がありました

まず2020年度の前期は、遠隔で講義を行うために、作成したスライドと音声の授業ファイルをアップロードして、学生にはそのデータを視聴してもらう、いわゆるオンデマンド方式での運用を行いました。もちろん、通常の講義よりもコミュニケーションについての制約はあったのですが、こちらからのメッセージの大切な部分は受講した皆さんに伝わったのではないかと思います。また2020年度後期の建築設計演習は、基本は対面での指導をしながら、東京から非常勤講師の先生にもリアリタイムでの指導に参加してもらう、いわばハイブリッド方式での指導となりました。ここでは、浜松での対面指導はマスクを着けてアクリル板ごしに、東京からのコメントはマスクなしでスクリーンに写して行ったのですが、この条件では対面での指導内容よりもむしろ画面越しのメッセージの方がよく伝わったような気がします。これら2020年度の経験からは、情報通信技術の発達によって私達のまわりに様々な可能性が生まれているという事実を実感しました。

そして2021年度の前期の前期、この文章を書いている4月の時点では、講義は対面授業を基本として行っています。その際には、感染防止の観点から教員も受講者もマスクを着用して、教卓の前には大きなアクリル板があるのですが、この状況だとこちらの表情を相手に伝えるのが難しく、相手の表情もあまり読み取る事ができません。「目は口ほどに物を言う」という言葉がありますが、ここでは「目は常ほどに物言わず」という感じです。この事からわかるのはマスク着用が普通となる生活では、対面であってもこれまでよりも更にメッセージを伝える工夫が必要になるのではないかという事です。

これら、日々の工夫と感染予防を大前提としながら、建築や環境という分野においては、今回の状況を念頭において、次の世代に伝えるべき空間のあり方を検討して構想する事も大事なテーマだと思います。解決への道のりは簡単なものではないのかもしれません。けれども歴史を学び、現在の状況を把握した上で地道な工夫を重ねる事によって、未来へのヒントが見えてくる可能性があるのではないでしょうか。