ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > デザイン学部 教員紹介 > 日比谷 憲彦

教員紹介


日比谷憲彦 准教授写真

日比谷 憲彦

HIBIYA Norihiko
 

教授

デザイン学部 デザイン学科(ビジュアル・サウンド領域)
大学院 デザイン研究科
E-mailアドレス n-hibi@suac.ac.jp
出身地 東京都
学歴 千葉大学工学部工業意匠学科卒業(1985年)
学位 工学学士
経歴 (株)GKグラフィックス・デザイナー(1986年から1993年)
(株)GK設計・デザイナー(1994年から2004年)
個人オフィス「DESIGN CRAQUE」設立(2005年から)
静岡文化芸術大学非常勤講師(2005年から2013年)
女子美術大学短期大学部非常勤講師(2011年から2013年)
静岡文化芸術大学准教授(2014年から2016年)、教授(2017年から)
担当授業分野 メディア造形基礎演習Ⅱ、グラフィックデザイン演習Ⅱ、色彩計画論
研究分野 グラフィックデザイン、ブランディングデザイン、サインデザイン
研究テーマ 文字やシンボル、色彩などのグラフィックエレメントを平面(印刷媒体等)・立体(パッケージや製品本体)・空間(インテリアや都市空間)に広く展開し、企業やブランド、施設のトータルなイメージ形成を図る手法を研究しています
研究業績 論文・解説
  • 「印刷物制作の全体像と留意点」共著、東京都労働経済局月報、1992年
  • 「サイン計画における障がい者対応の実際と課題」共著、第8回日本サイン学会筑波大会概要集、1997年
  • 「横浜動物園ズーラシア ビジュアルデザインマニュアル」単著、横浜市緑の協会、1998年
  • 「サインの色彩デザイン」共著、雑誌「POP EYE」2月号、総合報道社、1999年
  • 「特集:パブリックデザイン」共著、雑誌「日経デザイン」8月号インタビュー、日経BP社、1999年
  • 「多摩モノレールトータルデザイン報告書」単著、多摩都市モノレール株式会社、2000年
  • 「第34回SDA特集:多摩モノレールトータルデザイン計画」共著、雑誌「SIGNS in JAPAN」No4号、全日本屋外広告業団体連合会、2000年
  • 「仙台市歩行者系サインガイドライン」単著、仙台市都市整備局、2000年
  • 「第36回SDA特集:仙台市歩行者系サイン計画」共著、雑誌「SIGNS in JAPAN」No4号、全日本屋外広告業団体連合会、2002年
  • 「日経BP社 シンボルロゴタイプ使用マニュアル」単著、日経BP社、2007年
  • 「世田谷区図書館サイン計画報告書」単著、世田谷区中央図書館、2010年

作品・プロジェクト
  • リノール油脂(株)調味料ギフトセットパッケージデザイン(1987年)
  • 新宿伊勢丹PB缶詰シリーズグラフィックデザイン(1987年)
  • 日本たばこ産業(株)「WITH CLASS」パッケージデザイン(1987年)
  • 世界鉄道デザイン会議シンボルマークデザイン(1988年)
  • JR東日本サイン計画(都市ターミナル型標準デザイン開発)(1988年)
  • (株)キトー物流倉庫カラーリング計画(1993年)
  • 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)サイン計画(1995年)
  • 多摩モノレールトータルデザイン計画(1995年)
  • 横浜動物園ズーラシアサイン・演出計画(1996年)
  • さいたま新都心歩行者系サイン計画(1997年)
  • 駅等交通結節点におけるユニバーサルデザイン対応の案内・誘導システム検討調査(1999年)
  • 仙台市歩行者系サインガイドラインの策定(1999年)
  • 観光地における案内誘導標識の現況と今後の整備の方向についての調査(2001年)
  • 広州(中国)国際コンベンションセンターサイン計画(2001年)
  • 東京駅八重洲口駅前広場再開発サイン計画(2003年)
  • 愛・地球博出展「お庭のエコロジー館」展示グラフィックデザイン(2005年)
  • (株)ヤマトプロテック ブランドイメージリニューアル計画(2006年)
  • 日経BP社VIシステムリニューアルデザイン(2007年)
  • 世田谷区立図書館サイン計画(2010年)

その他の活動
  • GKグラフィックス、GK設計におけるステューデントセミナーインストラクター(1990年から1992年、1998年から1999年)
  • (社)日本住宅協会主催 ユニバーサルデザイン米国視察調査参画(2000年)
  • 宮城県・仙台市共催 屋外広告に関するセミナー講演(2002年)
受賞歴
  • 第5回NAAC展大賞(1984年)
  • JAPAN PACKAGE AWARD ’85 入選(1985年)
  • 第23回SDA年賞大賞(1990年)
  • 第30回SDA年賞奨励賞(1996年)
  • 第33回SDA年賞準優秀賞(1999年)
  • 第34回SDA年賞奨励賞(2000年)
  • 第36回SDA年賞奨励賞(2002年)
所属学会・団体 芸術工学会会員
社会的活動 (財)都市づくりパブリックデザインセンター主催 コミュニティーサイン研究部会企画運営(1995年から1996年)

 

メッセージ

グラフィックデザインは平面に留まらない・・・そう実感するのは、25年余りに及ぶちょっと異色な私のキャリアが影響しています。勤務したデザイン会社では、8年在籍したグラフィック部門で会社案内・カタログなどの企業販促ツールのデザインや、マーケット考察を絡めたパッケージ戦略の最前線を経験しました。また、その後10年在籍した設計部門では、マークや色彩などを空間に展開して施設のトータルイメージを構築したり、サイングラフィックによって人の意識や行動を制御する仕事を手掛けてきました。いわばビジュアルコミュニケーションという切り口で、平面や立体から空間に至る対象に横断的に関わってきたと言えます。この個人的な経験知を、学生の皆さんそれぞれの未来を考える上で、1つの道しるべとして役立てたいというのが私の基本的なスタンスです。
大学の4年間とは皆さんにとって、自らの表現のベースを磨く重要な期間だと考えます。重視するのは基礎技術の習得と発想力の強化の2点です。基礎技術の習得とは、文字、色彩、形、レイアウト等のグラフィックデザインのベーシックエレメントについて、そのなりたちや用法、効果について習熟度の向上を図るというもの。これはグラフィックのみならず、WEBや映像制作等すべてのクォリティの基本となるはずです。
また、発想力の強化とは、一つの「言葉」や「テーマ」が与えられた時に、そこからどれだけ豊かなイメージが描けるか、あるいは他人が予想だにしない「気付き」が提供できるか、それを日常的に鍛錬することを心掛けてほしいと思います。現在の制作現場では、コンピューターやデジタル機器等の使用が必須となりますがその機能に隷属することなく、常に操作に移行する前段階でアタマの中で良質なイメージやアイデアを創り上げておく必要があります。