ホーム > 学部・大学院 > 教員紹介 > デザイン学部 教員紹介 > 岩崎 敏之

教員紹介


岩崎 敏之 准教授写真

岩崎 敏之

IWASAKI Toshiyuki
 

准教授

デザイン学部 デザイン学科(建築・環境領域)

E-mailアドレス t-iwasa@suac.ac.jp
ホームページURL https://be-do-see.com/structure/

キーワード:建築構造学、デザイン教育、木質構造、 耐震診断
出身地 大阪府
学歴 京都工芸繊維大学 工芸学研究科 修士課程 建築学専攻修了(1989年)
学位 修士(工学)
経歴
  • 学校法人富嶽学園 日本建築専門学校 専任教員(1989年から1999年)
  • 学校法人ソニー学園 湘北短期大学講師(1999年)、 准教授(2003年)、 教授(2010年)
  • 静岡文化芸術大学 准教授(2016年から)
資格 一級建築士
担当授業分野 構造計画 構造力学 構造デザイン特論
研究分野 建築構造学(主として木質構造)
研究テーマ
  • デザイナーのための構造力学の教育方法について考える。
  • 空間を「かたち」にする「しくみ」について探究する。
  • 伝統的な建造物の耐震診断や耐震補強について考える。
研究業績
著書
  • 『住まいのミカタ』(共著、学芸出版社、2009年)
  • 『生活プロデュース入門』(共著、青土社、2010年)

論文・解説
  • 「力や形の工学的原理を伝える言語についての考察」(『芸術工学会誌』 No.76,2018)
  • 「概念レベルの創起を促す実践演習の方法」(『静岡文化芸術大学研究紀要』 第19巻, 2019)
所属学会・団体
日本建築学会、日本デザイン学会、芸術工学会
社会的活動
  • 日本住宅・木材技術センター 木質建材利用合理化委員会 等 委員(1996年から1999年)
  • 日本住宅・木材技術センター 顔の見える木材での家づくり推進事業 委員会等 委員(2005年から2007年)
  • 静岡県文化財建造物耐震診断指針策定委員会委員(2008年から2010年)
  • 厚木市市街地にぎわい懇話会メンバー(2008年から2014年)
  • 厚木市まちづくり審議会委員委員(2008年から2014年)
  • 「伝統建築の調査・活用を担う人材育成事業」テキスト編集委員委員(2011年から2014年)
  • あつぎ元気館整備検討委員会委員(2012年から2013年)
  • あつぎ映画祭実行委員会委員(2012年から2016年)
  • 厚木市まちなか活性化プロジェクト メンバー(2014年から2016年)
  • 公開を目指した建造物耐震対策推進委員会委員(2014年から2015年)
  • 古谿荘保存活用計画策定委員会委員(2014年から2016年)
  • 日本建築学会 期限付き建築物設計法小委員会(2017年から)
  • 浜松市入札監視委員会委員(2018年から)

メッセージ

日々の教育活動において建築の構造を考えることの面白さを伝えていくとともに、建築の構造について考える際の発想方法そのものが、建築に留まらず、さまざまなプロジェクトの実践に生かせるということを、身をもって示していきたいと考えています。


・空間を「かたち」にする「しくみ」について探究する。

建築における構造学とは、さまざまな建築材料を合わせて、いかに「かたち」にするかということを考える学問であると捉えています。デザイン学部デザイン学科に所属しているからこそ、力学的な計算モデルに置き換えるだけでは解けない問題に向き合う姿勢を持ち続け、デザイナーにとって必要な力学的知見とは何かについて、日々考えています。
 

・伝統的な建造物の耐震診断や耐震補強について考える。

伝統的な建造物は、計算モデルが先にあったわけではなく、さまざまな工夫や試行錯誤の経験の積み重ねの元、形あるものとなっています。それらを残していくために構造について探究すべきことは、単に計算モデルに置き換えて解析するということに留まりません。その方法の模索に向き合っていきたいと思っています。
 

・地域の課題に向き合う。

浜松市は天竜材の産地です。森林資源を有効活用するためには、さまざまな課題と向き合わなければなりません。建築構造学の視点から、その問題解決に役立つ提案などができれば良いと考えています。