気象情報等に伴う休講・定期試験の取扱いについて

避難情報・気象情報に伴う休講

1 対象となる情報

避難情報に基づく休講

大学所在地(浜松市中区中央、アクト地区)に対して、浜松市から「緊急避難情報」または「避難指示」が発表された場合、後述の基準時間のとおり休講とします。 また、学生の居住している地域において「緊急避難情報」または「避難指示」が発表され、学生から教務・学生室に届け出があった場合、当該授業に相当する学修の成果をもって出席扱いとします。
避難情報に基づく休講措置

気象情報に基づく休講

静岡県西部、静岡県中部、愛知県東部のいずれかの地域に対して、気象庁から「暴風警報」「暴風雪警報」「大雨特別警報」「暴風特別警報」または「暴風雪特別警報」が発表された場合、後述の基準時間のとおり休講とします。
気象情報に基づく休講措置
対象地域の詳細は下表のとおりです。
静岡県西部 遠州北(浜松市北部)、遠州南(浜松市南部、磐田市、掛川市、袋井市、湖西市、御前崎市、菊川市、森町)
静岡県中部 中部南(静岡市南部、島田市、焼津市、藤枝市、牧野原市、吉田町)、中部北(静岡市北部、川根本町)
愛知県東部 西三河北東部(豊田市東部)、東三河北部(新城市、設楽町、東栄町、豊根村)、東三河南部(豊橋市、豊川市、蒲郡市、田原市)

注:浜松市内の避難情報は浜松市、気象情報は気象庁のWebサイトにて確認することができます。

浜松市Webサイト
気象庁Webサイト 

2 基準時間

発表状況 午前の授業(1から2限) 午後の授業(3から6限)
午前6時の時点で上述の避難情報または気象情報が発表されている場合 休講 午前10時までに解除された場合、授業を実施 午前10時時点で解除されていない場合、休講
午前6時から午前10時の間に上述の避難情報または気象情報が発表された場合 直ちに授業を中止し、2限までの授業を休講
午前10時以降に上述の避難情報または気象情報が発表された場合 直ちに授業を中止し、それ以後の授業を休講 直ちに授業を中止し、それ以後の授業を休講

交通機関の運休等に伴う休講

交通機関の運休等の影響で授業を行うことが困難であると判断した場合は、休講を含めてポータルサイト等で通知します。
また、交通機関の運休や遅延により、授業の出席が困難な場合、運休・遅延証明書を取得した上で、担当の教員に申し出て指示を受けてください。

定期試験

試験期間中に避難情報・気象情報の発表や交通機関の運休等があった場合、原則として授業と同様の扱いとし、当該時間帯の試験やレポートの受け取りは行いません。その後の対応については早期にポータルサイト等で通知します。