令和元年度新聞掲載情報

新聞で取り上げられた静岡文化芸術大学の教育や研究活動、地域貢献活動などをお伝えします。

注: 情報は原則、教職員から報告されたものと地域連携室で確認できたものに限っており、全ての新聞の情報を網羅したものではありません。
注: 静岡新聞のPDFは静岡新聞社編集局調査部の許諾を得て掲載しています。
注: 中日新聞のPDFは中日新聞企画営業部知的財産課の許諾を得て掲載しています。

2019年度 新聞掲載情報

令和2年3月

中日新聞掲載期限(2021年3月31日)
掲載日 新聞 記事見出し 取材対象
3日 静岡(朝刊) 17

静岡文化芸術大生ら チョコ企画 活動紹介 浜松市長と意見交換 [PDF:561.7KB]

「はままつチョコプロジェクト」
(学生・教員)
3日 中日(朝刊) 14 静岡文化芸大生 市長と意見交換 フェアトレード 浜松流に 「はままつチョコプロジェクト」
(学生・教員)
3日 静岡(朝刊) 20

老舗の経営戦略分析 中小企業研究奨励賞 曽根准教授(静岡文化芸大)が本賞 [PDF:647.5KB]

曽根秀一准教授
(文化政策学科)
4日 静岡(夕刊) 2

静岡文化芸術大 卒業式を中止(浜松医大は開催へ) [PDF:351.1KB]

本学
6日 静岡(朝刊) 18

老舗企業の存続を研究する曽根秀一さん この人 [PDF:541.4KB]

曽根秀一准教授
(文化政策学科)
7日 中日(夕刊) 1

紙つぶて ガルッツォの修道院[PDF:581.9KB]

武田 好教授
(国際文化学科)
10日 静岡(朝刊) 26

あと136日 私と五輪 [PDF:337.5KB]

学生
14日 中日(夕刊) 1

紙つぶて 地球に生きる[PDF:568.2KB]

武田 好教授
(国際文化学科)
17日 読売(朝刊) 29 静岡文芸大が卒業式を中止  本学
18日 静岡(朝刊) 24

卒業証書と学位記授与 【静岡文化芸術大、式典は中止】 [PDF:565.1KB]

本学
18日 読売(朝刊) 29 卒業 晴れやかに 【静岡文芸大】  本学
19日 静岡(朝刊) 32

浜松の2大学 入学式を中止 [PDF:204.8KB]

本学
21日 中日(夕刊) 1

紙つぶて ウナギとカニ[PDF:538.3KB]

武田 好教授
(国際文化学科)
24日 中日(朝刊) 14 「比の学校から表彰」報告 静岡文化芸大生ハーモニカ交流 学生団体
「HANDs(ハンズ)」
26日 静岡(朝刊) 19

フィリピンに鍵盤楽器 静岡文化芸術大生 学校支援活動を報告 [PDF:531.8KB]

学生団体
「HANDs(ハンズ)」
28日 中日(夕刊) 1

紙つぶて マキァヴェッリの家族[PDF:566.2KB]

武田 好教授
(国際文化学科)
29日 静岡(朝刊) 17

天竜舞台の漫画作者 まるかわさん、母校静岡文化芸術大に新作 浜松 [PDF:446KB]

まるかわさん(卒業生)

令和2年2月

中日新聞掲載期限(2021年2月28日)
掲載日 新聞 記事見出し 取材対象
1日 中日(夕刊) 1

紙つぶて 百年前の飛行機[PDF:564.5KB]

武田 好教授
(国際文化学科)
4日 静岡(朝刊) 23

進化続ける打楽器紹介 ヤマハとローランド 中区で室内楽演奏会[PDF:515.5KB]

本学
4日 静岡(朝刊) 30

「一つの浜松」へ 天竜の声聞いて 浜松市の行政区再編 ニュースに一言[PDF:482KB]

学生
5日 静岡(朝刊) 21

捕獲の鹿肉 学食で提供 中山間地の食害 啓発 静岡文化芸術大 舩戸ゼミ生[PDF:749.4KB]

舩戸修一研究室
(文化政策学科)
6日 中日(朝刊) 14 ジビエ料理で獣害知って 静岡文化芸大 食堂でシカ肉カレー 舩戸修一准教授
(文化政策学科)
鈴木晴香さん(学生)
6日 読売(朝刊) 27 三方原大根でカフェめし【ブランド化へレシピ考案】静岡文化芸術大の学生ら 渡辺実優さん(学生)
ほか
8日 中日(夕刊) 1

紙つぶて ゼミのモットー[PDF:555.7KB]

武田 好教授
(国際文化学科)
13日 中日(朝刊) 15 中小企業研究 著書が最高賞 文化芸大の曽根准教授 曽根秀一准教授
(文化政策学科)
15日 静岡(朝刊) 21

最優秀に伊藤さん 国際オペラコン ポスター 静岡文化芸術大[PDF:440.2KB]

本学
伊藤寛人さん(学生)
15日 静岡(朝刊) 21

棚田米づくり活動 北区役所で報告 静岡文化芸術大生[PDF:301.4KB]

本学
学生(引佐耕作隊)
15日 中日(夕刊) 1

紙つぶて シチリアの春[PDF:556.4KB]

武田 好教授
(国際文化学科)
16日 静岡(朝刊) 19

卒業制作展に110点 静岡文化芸術大生 20日まで集大成披露[PDF:547.5KB]

本学
16日 中日(朝刊) 5

学生の卒業論文から【静岡発 こう読む】[PDF:281KB]

加藤裕治教授
(文化政策学科)
17日 中日(朝刊) 12 静岡オペラコン ポスター採用 静岡文化芸大の伊藤さんら表彰 本学
20日 静岡(朝刊) 4

「ふじのくに福産品」ロゴ作成 静岡文化芸術大生が考案[PDF:589.6KB]

大坪史明さん(学生)
ほか
20日 中日(朝刊) 12 ふじのくに福産品ロゴマーク考案 文化芸大生、知事に紹介 大坪史明さん(学生)
21日 静岡(朝刊) 23

防災の担い手 役割紹介 静岡文化芸術大 教員が研究成果[PDF:580.6KB]

本学
22日 中日(夕刊) 1

紙つぶて マキァヴェッリの情報収集[PDF:576.8KB]

武田 好教授
(国際文化学科)
25日 静岡(夕刊) 2

国公立大2次試験開始【前期日程24万人挑戦】マスク着用呼び掛け[PDF:563.7KB]

本学
25日 静岡(夕刊) 2

県内4会場、対策徹底[PDF:386.8KB]

本学
26日 静岡(朝刊) 23

まちなか再生へ提案 島田の商店街 静岡文化芸術大生調査アート、日替わり店舗[PDF:694KB]

藤井康幸研究室
(文化政策学科)
26日 中日(朝刊) 34 マスク姿で挑む 国公立大2次試験 【県内4大学でも】「帰宅時は手と顔も洗った」 本学
28日 静岡(朝刊) 19

大学生、講師成果を報告 準備や反省、工夫も 浜松市との連携事業[PDF:529KB]

学生
29日 静岡(朝刊) 31

卒業式典 中止や縮小 県内大学[PDF:392KB]

本学
29日 中日(夕刊) 1

紙つぶて 「これ間違ってます」[PDF:580.7KB]

武田 好教授
(国際文化学科)

令和2年1月

中日新聞掲載期限(2021年1月31日)
掲載日 新聞 記事見出し 取材対象
1日 静岡(朝刊) 16

伝統と挑戦の息吹 作品に 静岡文化芸術大 工芸展 7月17日から8月2日[PDF:1.1MB]

本学
高田和文理事
山本一樹教授・小田伊織講師(デザイン学科)
4日 中日(夕刊) 1

紙つぶて 空を見上げ新年をことほぐ[PDF:593.8KB]

武田 好教授
(国際文化学科)
7日 中日(朝刊) 17 中山間地域の可能性 探ろう 講演やコメ作り成果報告 静岡文化芸大で20日「市民交流会議」 本学
学生(引佐耕作隊)
8日 静岡(朝刊) 4

「エシカル消費」普及へロゴマーク 県作成、静岡文化芸術大生が原案[PDF:468.8KB]

長谷川莉奈さん(学生)
8日 静岡(朝刊) 25

中山間地の課題考える 20日、中区で市民交流会議[PDF:484.6KB]

本学
学生(引佐耕作隊)
11日 中日(夕刊) 1

紙つぶて 世界で学ばれるイタリア語[PDF:538KB]

武田 好教授
(国際文化学科)
15日 静岡(朝刊) 22

丹精の棚田米 販売 静岡文化芸術大生 事業モデル探る[PDF:639.3KB]

舩戸修一准教授
(文化政策学科)
学生(引佐耕作隊)
16日 中日(朝刊) 13 いける! ブランド化&遠州焼き… 三方原大根 静岡文化芸大生プロジェクト 農家協力 レシピ本配布へ 学生
17日 中日(朝刊) 13 久留女木の棚田栽培 コメを20日から販売 静岡文化芸大生 舩戸修一准教授
(文化政策学科)
学生(引佐耕作隊)
18日 中日(夕刊) 1

紙つぶて 四半世紀前の思い[PDF:558.6KB]

武田 好教授
(国際文化学科)
18日 中日(朝刊) 15 100均グッズで物語 現代社会を表現 静岡文化芸大で作品展 学生
19日 中日(朝刊) 5 「恥」というコメントから 静岡発こう読む 加藤裕治教授
(文化政策学科)
21日 中日(朝刊) 14 商店街に灯籠、棚田米づくり、魅力ある食材 事例発表 浜松で中山間地交流会議 本学
21日 静岡(朝刊) 23

「過疎地人口減を好機に」 静岡文化芸術大 藻谷さん(日本総合研究所主席研究員)講演[PDF:506.6KB]

本学
21日 静岡(朝刊) 24

棚田米の栽培を初めて体験した静岡文化芸術大の学生 鈴木義人さん この人[PDF:524KB]

鈴木義人さん(学生)
22日 中日(朝刊) 12 掛川原点 タカ愛羽ばたく 花鳥園で魅了され 文化芸大で講義 山梨 19歳の鷹匠・篠田さん 本学
25日 静岡(朝刊) 24

賀茂キャンパスが開所 【県下田庁舎に3大学拠点】 地域貢献活動 活用へ[PDF:664.5KB]

本学
25日 中日(夕刊) 1

紙つぶて 卒論とマキァヴェッリ[PDF:576.7KB]

武田 好教授
(国際文化学科)
28日 静岡(朝刊) 21

中小製造業の製品並ぶ 中区でプロダクト展 自社開発 強み生かす[PDF:528.1KB]

谷川憲司教授
(デザイン学科)
29日 読売(朝刊) 24 3大学と連携 交流拠点 下田市・6市町 教育の質向上へ 本学
30日 中日(朝刊) 14 民族衣装や食事で世界の文化に触れて 16日、磐田でイベント 田中琢問さん(卒業生)

令和元年12月

中日新聞掲載期限(2020年12月31日)
掲載日 新聞 記事見出し 取材対象
1日 中日(朝刊) 8 浜松で全国フォーラム フェアトレード理解へ事例紹介 文化芸大 本学
1日 静岡(朝刊) 21

フェアトレード考える 静岡文化芸術大で全国フォーラム[PDF:536.1KB]

本学
3日 静岡(夕刊) 1

スパイス人気 県内も熱く 料理店 レシピ工夫 異文化交流「隠し味」期待[PDF:1.1MB]

学生(コメント)
7日 静岡(朝刊) 24

新聞の魅力と役割訴え 共同授業へプレ対談 本誌と中日編集局長 静岡文化芸術大[PDF:839.4KB]

本学
7日 中日(朝刊) 15 報道の役割とは 本誌と静岡新聞 両編集局長が対談 静岡文化芸大 共同授業前に 本学
14日 静岡(朝刊) 22

ピアノの歴史解説と演奏披露[PDF:347KB]

本学
14日 中日(朝刊) 17 ピアノ調律「輝く音に」 イタリア巨匠ら認めた腕 静岡文化芸大 村上さん講演 本学
18日 静岡(朝刊) 23

障害越えた「踊り」とは 22日、静岡文化芸術大で公演 意見交換会も 本社総局でPR[PDF:720.5KB]

本学
永井聡子教授(芸術文化学科)
18日 中日(朝刊) 1 紙つぶて 来月からの執筆者 武田 好教授(国際文化学科)
18日 中日(朝刊) 3

「紙つぶて」新しい筆者[PDF:271.1KB]

武田 好教授(国際文化学科)
25日 静岡(朝刊) 20

日本語教室の意義解説 池上さん(静岡文化芸術大副学長)がセミナー 湖西[PDF:561.9KB]

池上重弘副学長
26日 静岡(朝刊) 1 2020東京五輪 静岡から世界へ未来へ 県内聖火リレー  ランナー つなぐ 挑む 超える 中山定雄教授(デザイン学科)
26日 中日(朝刊) 10 県内聖火ランナー63人発表 中山定雄教授(デザイン学科)
31日 静岡(朝刊) 16

賀茂キャンパス公開 県内大学の交流、活動拠点 関係者が見学会 県下田庁舎内[PDF:525.2KB]

本学

令和元年11月

中日新聞掲載期限(2020年11月30日)
掲載日 新聞 記事見出し 取材対象
2日 静岡(朝刊) 29

列車に「お茶のある日常」 東海道線 車内ポスター 望月さん(静岡文化芸術大大学院)デザイン JA遠州中央と連携[PDF:807.8KB]

望月麻衣さん(大学院生)
3日 中日(朝刊) 1 教育予算 増やさねば 120歳で世界見届けたい 静岡文化芸大理事長 有馬朗人さん 有馬朗人理事長
7日 静岡(朝刊) 28

「思い出喫茶」で帰省促進 浜松・佐久間の若者有志 10日・産業祭 写真持ち寄り地図作り[PDF:911KB]

舩戸修一准教授(文化政策学科)
学生 
8日 静岡(夕刊) 4

こち女 子育てパパもっと輝く社会へ 「イクメンのプロ」浜松で講演[PDF:1.5MB]

佐々木哲也さん(職員)
10日 静岡(朝刊) 19

早くもクリスマスツリー JR浜松駅コンコース点灯式やコンサート [PDF:532.1KB]

学生サークル「ゴスペルサークルごす」 
14日 静岡(朝刊) 1

新聞の魅力 学生に 本誌と中日 共同授業 来春から静岡文化芸術大で[PDF:650KB]

本学
14日 中日(朝刊) 1 >静岡文芸大で新聞授業 来年度本誌と静岡新聞が協力 本学
14日 静岡(朝刊) 23

帰省促進企画に活気 佐久間でフェスタ 伝統「竜神の舞」も披露[PDF:539.5KB]

舩戸修一准教授(文化政策学科)
学生 
15日 静岡(朝刊) 4

静岡文芸術大 横山学長を再任 来年4月から2年間[PDF:365.3KB]

横山俊夫学長
15日 中日(朝刊) 12 横山学長を再任 静岡文化芸大 横山俊夫学長
15日 静岡(朝刊) 20

調律師、ピアニスト招き来月セミナー 静岡文化芸術大[PDF:286.2KB]

本学
20日 静岡(朝刊) 22

小国神社の舞楽解説 浜松 奉納時の食事も紹介[PDF:487.8KB]

本学
27日 静岡(朝刊) 21

フェアトレード普及図る 30日、中区で全国フォーラム パネル討論やエシカル商品販売 [PDF:473.5KB]

本学
27日 静岡(朝刊) 29

光技術応用 医療機器開発へ 光産業創成大学院大 新研究領域 静岡文化芸術大などが専門知識の習得と事業計画案の作成、試作品開発を支援[PDF:416.1KB]

本学
30日 静岡(朝刊) 24

フェアトレード商品でショー 学生モデル 啓発図 きょう、静岡文化芸術大 [PDF:669.6KB]

本学

令和元年10月

中日新聞掲載期限(2020年10月31日)
掲載日 新聞 記事見出し 取材対象
5日 中日(朝刊) 21 お客さんの感覚で 浜松市動物園の標識を考案した静岡文化芸術大生のリーダー 増田梨沙さん 増田梨沙さん(学生)
6日 静岡(朝刊) 23

色の見分け 誰も容易に 静岡文化芸術大 UDテーマ 公開講座[PDF:419.2KB]

本学
8日 静岡(朝刊) 19

実行委、市長に意気込み 19日、20日 浜松で「やらフェス」[PDF:463.5KB]

杉村公脩さん(学生)
11日 静岡(朝刊) 21

新作能「竜宮小僧」公演 静岡文化芸術大 住民や学生が堪能[PDF:495KB]

本学
16日 静岡(朝刊) 22

木材の特徴 親子らが理解 もくもくまつり[PDF:411.9KB]

本学
20日 静岡(朝刊) 24

中山間地域の魅力発信 中区で「ザ・山フェス」 高校生応援隊 2団体を認定[PDF:745.3KB]

舩戸修一准教授(文化政策学科)
21日 静岡(夕刊) 3

動物の展示標識分かりやすく 浜松市動物園 UD意識、来園者に好評 静岡文化芸術大生 有志デザイン[PDF:987.6KB]

学生(有志団体「ZOO PIC」)
22日 静岡(朝刊) 19

県立大と静岡文化芸術大教授ら 浜松聖星高校で出張講義[PDF:448.1KB]

長嶋洋一教授(デザイン学科)
23日 中日(朝刊) 16 中国語スピーチ堂々と 静岡文化芸大でコンテスト 本学
25日 静岡(朝刊) 21

「春野の鹿鍋」販売 静岡文化芸術大2日、3日に碧風祭 地元食材にこだわる[PDF:568.8KB]

二本松康宏教授(文化政策学科)研究室
26日 静岡(朝刊) 4

文化力向上へ提言 県政策審議会が会合[PDF:339.1KB]

横山俊夫学長
27日 静岡(朝刊) 21

「デカセギ」来日30年 浜松でシンポ 永住望むブラジル人増 就労形態、高齢化課題[PDF:705.1KB]

池上重弘副学長
27日 中日(朝刊) 10 共生 過去を学び未来へ 中区でシンポ 日系ブラジル人ら登壇 池上重弘副学長
29日 中日(朝刊) 14 今年は春野の鹿鍋 静岡文化芸大生 来月の学園祭で販売 地元酒に漬け込み「いい味わい」 二本松康宏教授(文化政策学科)研究室
31日 静岡(朝刊) 27

賀茂真淵の歌碑建立 俳人 有馬朗人氏が揮毫[PDF:721.5KB]

有馬朗人理事長
31日 中日(朝刊) 15 賀茂真淵 功績に思いはせ 中区の記念館で歌碑除幕式 元東大総長 有馬さん揮毫 有馬朗人理事長

令和元年9月

中日新聞掲載期限(2020年9月30日)
掲載日 新聞 記事見出し 取材対象
3日 静岡(朝刊) 23

集落存続策 佐久間で探る 静岡文化芸術大 舩戸ゼミ生 住民から実態聞き取り[PDF:898.3KB]

舩戸修一准教授(文化政策学科)
学生
5日 中日(朝刊) 17 公正さ伝え続ける 【フェアトレード推進に活躍】 大塚莉子さん(学生)
6日 静岡(朝刊) 23

地域の魅力 ビジネス化 高校生考案 愛着育む 静岡文化芸術大生 佐久間で授業[PDF:751.7KB]

舩戸修一准教授(文化政策学科)
学生
7日 中日(朝刊) 34 静岡国際オペラコンクール 浜松で来年10月開幕 静岡国際オペラコンクール
実行委員会事務局
12日 中日(朝刊) 9 怖くない 心臓マッサージ練習キット 見た目かわいく キッズデザイン賞 静岡文化芸大教授ら協力 伊豆裕一教授(デザイン学部長)
12日 中日(朝刊) 15 浜松第一中時代 勉学の思い出 元文部省 有馬朗人さん講演 有馬朗人理事長
25日 静岡(朝刊) 21

アプリ開発 県外流出歯止め  学生と地元企業マッチング 浜松の2大学団体 年内完成目指す[PDF:854.7KB]

学生団体「NoKin.」
26日 中日(朝刊) 7 浜松市街地 魅力を地図に にぎわい協、静岡文化芸大生 学生
30日 中日(朝刊) 10 浜松市動物園の新標識見やすく 静岡文化芸大生製作 学生

令和元年8月

中日新聞掲載期限(2020年8月31日)
掲載日 新聞 記事見出し 取材対象
1日 静岡(朝刊) 19

観光地域づくりで連携 浜松・浜名湖DMOと静岡文化芸術大が協定 人材育成図る[PDF:594.1KB]

静岡文化芸術大学
1日 中日(朝刊) 16 ツーリズムビューロー 文化芸大と連携 協定観光振興や人材育成めざす 静岡文化芸術大学
7日 中日(朝刊) 14 師と生徒 書の競演 中区で作品展 中沢皐揚先生
(非常勤講師)
7日 静岡(朝刊) 23

鍵盤ハーモニカ 比児童に 音楽交流 きっかけへ 静岡文化芸術大生 寄付呼び掛け[PDF:786.7KB]

学生団体「HANDs(ハンズ)」
17日 中日(朝刊) 16 持続可能な未来都市・浜松へ 課題解決の糸口探る アクトで27日シンポ 静岡文化芸術大学
21日 静岡(朝刊) 23

UD絵本製作 親子らが体験(佐久間図書館)[PDF:448.9KB]

林 佐和子教授(文化政策学科)
学生
22日 静岡(朝刊) 23

「努力が才能だった」 吉田で物理学者 有馬氏講演 生い立ち、研究語る[PDF:529.2KB]

有馬朗人理事長
23日 静岡(朝刊) 19

漫画「よろずの候」PR 天竜区舞台 作者まるかわさん訪問(浜松市役所)[PDF:542.1KB]

まるかわさん(卒業生)
23日 静岡(朝刊) 21

「竜宮小僧」題材に新作能 静岡文化芸術大学 出演者ら10月公演PR [PDF:729.5KB]

横山俊夫学長
梅若猶彦教授(芸術文化学科)
鑓水美緒さん(学生)
23日 中日(朝刊) 14 「竜宮小僧」能を初創作 静岡文化芸大 10月に披露 横山俊夫学長
梅若猶彦教授(芸術文化学科)
鑓水美緒さん(学生)
23日 中日(朝刊) 16 天竜舞台、人や妖怪の日常描く まるかわさん 漫画発行を報告 まるかわさん(卒業生)
31日 静岡(朝刊) 4

外国人と共生 現状探る 静岡でシンポ 企業取り組みなど紹介[PDF:569.3KB]

池上重弘副学長
31日 静岡(朝刊) 20

この人 天竜区を舞台にした漫画「よろずの候」の作者まるかわさん[PDF:522.4KB]

まるかわさん(卒業生)
31日 静岡(朝刊) 22

大会盛り上げに手応え 袋井で発表会 県西部の学生ら地域連携活動振り返る(ラグビーワールドカップ)[PDF:687.6KB]

学生

令和元年7月

中日新聞掲載期限(2020年7月31日)
掲載日 新聞 記事見出し 取材対象
1日 中日(朝刊) 10 地域づくりを応援 文化芸大OB講演 浜松で3日 石倉達也さん(卒業生)
3日 中日(夕刊) 9 病院を美術館に 磐田市立総合病院×静岡文化芸大 白壁をピンクに、作品分け見栄え良く 学生
4日 中日(朝刊) 16 公務員が率先 地域づくり 文化芸大OB 中山間地の課題解決語る 石倉達也さん(卒業生)
6日 静岡(朝刊) 23

地域づくり関わり方は 静岡文化芸術大卒業生 公務員石倉さん(島根)講演 中区[PDF:496.1KB]

石倉達也さん(卒業生)
6日 中日(朝刊) 38 日本語の先生 目指し奮闘 文化芸大、独自の養成課程 留学生相手 実践的な授業 学生
7日 静岡(朝刊) 19

入管難民法改正を解説 中区でセミナー 外国人との共生探る[PDF:562.7KB]

池上重弘副学長
7日 中日(朝刊) 11 「浜松では日系人第二世代が活躍」「外国人・日本人をつなぐ存在に」 静岡文化芸大・池上副学長講演 「地域の力・仲間として」 池上重弘副学長
8日 静岡(朝刊) 17

桂文治さん軽妙な話芸 静岡文化芸術大で落語会 11回目、学生が企画・運営[PDF:404.4KB]

「桂文治落語会 in SUAC」実行委員会
11日 静岡(朝刊) 21 地方にもっと目を 働き方改革 首都圏と差 学生の地元就職(参院選しずおか 2019) 学生
11日 静岡(朝刊) 21

学生に就活アドバイス 静岡文化芸術大で企業と本社担当者 新聞活用術も紹介[PDF:533.9KB]

静岡文化芸術大学
13日 中日(朝刊) 20 ホームステイ英語 先輩に学ぼう Let's try in Canada. 静岡文化芸大生が浜松学院中生を指導 学生
14日 中日(朝刊) 27 君たち 投票行かないの? 新聞カフェ 中日新聞×静岡文化芸術 学生
14日 静岡(朝刊) 18

浜松学院中生に英会話を指導 静岡文化芸術大生[PDF:516.2KB]

学生
15日 静岡(朝刊) 18

写真学ぶ学生50人が作品展[PDF:315.9KB]

学生
23日 静岡(朝刊) 26

特別メニューでおもてなし ラグビーW杯9月開幕 西部5市の15店舗 学生と協力し創作[PDF:788.1KB]

内藤有紀さん(学生)
24日 静岡(朝刊) 25

ラグビー映像 店で上映を 静岡文化芸術大の「ラ☆ガール」 浜松いわた信金にDVD[PDF:722.8KB]

学生
24日 中日(朝刊) 14 フィリピン産カカオでチョコ作り 文化芸大生 フェアトレード活動 「貧しい農家 支援したい」 学生
28日 静岡(朝刊) 24

浜松活性化へ学生知恵 静岡大と静岡文化芸術大 団体が活動本格化 社会問題解決 専攻生かす[PDF:954.7KB]

学生
31日 静岡(朝刊) 24

静岡文化芸術大生9人に奨学金授与 スズキ基金[PDF:425.9KB]

静岡文化芸術大学

令和元年6月

中日新聞掲載期限(2020年6月30日)
       
掲載日 新聞 記事見出し 取材対象
1日 静岡(朝刊) 7

「静岡水わさび」ロゴマーク 農業遺産推進協[PDF:386.8KB]

浅井友茄さん(学生)
5日 静岡(朝刊) 24

新プログラム開講 「観光教育」の意義解説 静岡文化芸術大、県立大で交流会 両校教員が授業[PDF:607.9KB]

 
青木 健教授(文化・芸術研究センター)
8日 朝日(朝刊) 23 「観光」学ぶ講座開校 静岡文化芸術大学
11日 静岡(朝刊) 4

県が「働きやすい介護事業所」普及へ認証ロゴマーク[PDF:355KB]

静岡文化芸術大学
12日 中日(夕刊) 14 あなたも「ラ☆ガール」 普及へDVD 遠州信金に寄贈 ラグビーW杯日本大会2019 文化芸大生ら 学生
12日 静岡(朝刊) 4

20年静岡国際オペラコン10月31日~11月8日に日程決まる[PDF:369.1KB]

静岡国際オペラコンクール実行委員会
12日 静岡(朝刊) 23

院内芸術 温かさ演出 患者の満足度向上へ 磐田で静岡文化芸術大生[PDF:591.8KB]

学生
12日 静岡(朝刊) 24

PR映像“拡散”開始 市町や金融機関にDVD寄贈 静岡文化芸術大生「ラ☆ガール」~ラグビーW杯9月開幕[PDF:670.2KB]

学生
13日 静岡(朝刊) 4

Dream授業 受講中学生募集 8月に3泊4日[PDF:334.1KB]

池上重弘副学長
13日 静岡(朝刊) 9 日銀支店長 生産性向上説く 県商議所連 静岡で総会 池上重弘副学長 講演 池上重弘副学長
13日 中日(朝刊) 14 静岡文化芸大と県立大 新課程 観光教育の意義を説く 石本東生教授(文化・芸術研究センター)
13日 静岡(朝刊) 21

観光教育の講義披露 静岡文化芸術大 県立大と交流イベント[PDF:570.5KB]

横山俊夫学長
石本東生教授(文化・芸術研究センター)
14日 静岡(朝刊) 20

静岡文化芸術大が全学防災訓練[PDF:413.2KB]

静岡文化芸術大学
14日 静岡(朝刊) 21

トウモロコシ収穫開始 天竜区の若手農家 耕作放棄地再生で栽培 きょう販売[PDF:568.5KB]

学生
15日 中日(朝刊) 17 有志のトウモロコシ 「春野耕作隊」が対面直売 栽培放棄地から「白くてサクサク」収穫 学生
19日 静岡(朝刊) 21

改正入管難民法 大学教授が解説[PDF:357.3KB]

池上重弘副学長
20日 静岡(朝刊) 4

運営主体 新法人設立へ 21年明け 認可申請[PDF:608.5KB]

静岡文化芸術大学
21日 静岡(朝刊) 21

大喜利で企業紹介 静岡文化芸術大 7社と学生交流[PDF:428.8KB]

静岡文化芸術大学
21日 読売(朝刊) 24 静岡水わさび ロゴでPR 浅井友茄さん(学生)
22日 中日(朝刊) 14 公正貿易チョコ開発に力貸して 文化芸大生「資金協力を」 学生
23日 静岡(朝刊) 19

「UD特派員」11人委嘱 静岡で交付式[PDF:446.1KB]

学生
26日 静岡(朝刊) 23

匠の技とデザイン題材に公開講座 来月、静岡文化芸術大[PDF:299KB]

静岡文化芸術大学
27日 静岡(朝刊) 21

中山間地域テーマ 島根県職員が講演 3日、静岡文化芸術大[PDF:264.6KB]

石倉達也さん(卒業生)

令和元年5月

中日新聞掲載期限(2020年5月31日)
       
掲載日 新聞 記事見出し 取材対象
12日 中日(朝刊) 11 高校・大学生が電磁波を学ぶ 静岡文化芸術大学
18日 中日(朝刊) 17 歯と口の健康 関心もって ~文芸大生・高木さん ポスター採用~ 学生
19日 静岡(朝刊) 19

春野の昔話採録開始 静岡文化芸大生 来春 書籍出版へ[PDF:724.8KB]

学生
22日 静岡(朝刊) 19

バングラ「魅力知って」稲川さん 1年の国際支援 来月中区で報告[PDF:576.2KB]

稲川 望さん(学生)
23日 静岡(夕刊) 4

曜日限定 若者に広がる間借り事業 学生が運営 交流の場に ~カレー店「&Curry」浜松・中区[PDF:409.8KB]

学生
24日 中日(朝刊) 14 バングラの問題や魅力紹介 支援活動の稲川さん 稲川 望さん(学生)
25日 読売(朝刊) 31 断食月の運動会 熱中症対策
浜松の小学校 指針作成の動き
池上重弘副学長
28日 静岡(朝刊) 19

「ホスピタルアート」知って ~静岡文化芸術大生ら活動展 医療施設で写真展、ワークショップ[PDF:662.7KB]

学生(ホスピタルアート
プロジェクトしずおか)
28日 静岡(朝刊) 21

平時の近所付き合い大切 ~中区 一般向け防災講座開講[PDF:473.1KB]

河村洋子准教授
(文化政策学科)
28日 読売(朝刊) 20 バングラと日本「架け橋に」 1年休学し国際協力
「子どものこと伝えたい」来月1日に報告会
稲川 望さん(学生)
30日 静岡(朝刊) 3

公正な貿易 チョコで発信 「フェアトレード大学」静岡文化芸術大 ~学生中心に計画[PDF:1.1MB]

静岡文化芸術大学
30日 静岡(朝刊) 30

ニュースに一言 ~浜松市の水道運営権売却[PDF:474.6KB]

金田鈴音さん(学生)

平成31年4月

中日新聞掲載期限(2020年4月30日)
掲載日 新聞 記事見出し 取材対象
2日 中日(朝刊) 26 母国との架け橋 夢描く 浜松の日系デザイナー・中尾さん 中尾ジゼレさん
(卒業生)
2日 中日(朝刊) 25 時代を表す言葉に 黒田宏治教授
(デザイン学部)
2日 中日(朝刊) 26 若者好感 いいね「予想よりしっくり」 学生
6日 静岡(朝刊) 24

学生生活の充実誓う 静岡文化芸術大・院 入学式[PDF:498.6KB]

静岡文化芸術大学
6日 中日(朝刊) 22 県議選の開票作業 文化芸大生らリハ 静岡文化芸術大学
12日 中日(朝刊) 16 春野の昔話(新宮池の大蛇など)聞き取り書籍に 文化芸大生 現地の69人から 学生
13日 中日(朝刊) 1 平成のことば 東京大学 有馬朗人学長(当時) 有馬朗人理事長
18日 静岡(夕刊) 3

販促品や本の表紙で活躍 天竜区舞台に妖怪漫画 地域と連携 相乗効果に[PDF:1.2MB]

漫画家・まるかわさん(卒業生)
19日 中日(朝刊) 17 文化芸大で作品公開『自助具』 06年から続くプロジェクト JDP(自助具デザインプロジェクト)
19日 静岡(朝刊) 1

伝統継ぐ「人力」に感謝 歩み続ける平成から令和へ[PDF:1.1MB]

新妻淳子講師(文化・芸術研究センター)
27日 中日(朝刊) 4 斬新さと共感 両方大切 峯 郁郎教授
(デザイン学部)
30日 静岡(朝刊) 15

限界集落 存続考える 浜松湖北高等学校佐久間分校 地域学授業スタート[PDF:541.2KB]

舩戸修一准教授
(文化政策学科)